スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年4月の出来事【本編】

2006年4月、日帰りで春スキーへ出かけた。

レイとレイの配偶者と当時中学生だったレイの息子と4人で。


それまでのことは前の記事 『アンフェア』 に書いた通りだ。

2005年の夏、秋以降もレイは度々私を誘った。

『最近、(夫を)どこにも連れて行ってないからマズイんだよね~。
 コモチャンも一緒だったらいいのになぁ』

何度断っても、懲りずに言ってくる。
その度に『3人は嫌だよ』と私は断る。

(今思えば、この時点でレイはなぜ3人がそんなに嫌なのか全く理解していない)

レイの『ねぇねぇ』に弱い私はまたつい言ってしまう。


『じゃあスキーだったらいいかな。でも3人は嫌だ』

スキーならいい。なぜスキーならいいのか?

・スキーは私もちょっと行きたい。(3月にレイと北海道スキーに行った後だったから)

・スキーなら基本、現地直行、帰りも寄り道は温泉だけ。
 観光などであちこち行く場合だとずっとナビが必要になり
 レイがずっと助手席にいなければならない。
 そんなのつまんない。

・だから3人も絶対だめ。3人だと助手席にレイが座らないのは不自然だからだ。
 他の友人を誘おうかとも考えたけど、スケジュールの都合もあり
 レイの子供が一緒に行くことになった。

・それは尚いい。
 友人なら助手席に座るのは不自然だけど、子供ならおかしくない。
 行きはともかく少なくとも帰りは後部座席でレイと一緒にいられる。

・リフトもそう。友人とレイの配偶者のペアはどう考えても不自然だけど
 子供と父親ならそれもありだ。

スキーに4人で行くならいいか。
正直、あまり気乗りはしないけど、これならレイのリクエストに応えられそうだ。
私が思っているような嫌なことは起こらないだろう。

でも、私が思っていたようにはならず・・・・・
途中から『失敗した。やっぱりやめておけばよかった。』と後悔し始めた。


当日は夜明け前に出発した。
4月の初めだというのに高速を降りるまでガンガン雪が降っていた。
なのにゲレンデに到着するころには快晴となり最高のコンディションだった。

上越のそのスキー場はリフトの本数が多い。
標高も高い方だけど、広さもあるから端から端まで行くのにリフトを
何本も乗り継いでジグザクと移動していく。
そして同じように戻ってくると日帰りならちょうどいい時間になる。

その何十本のリフト。
全てレイは配偶者と二人で乗った。全てだ。
4人で行動を共にしながら、一度たりとも私と乗ろうともしなかった。

私はレイの子供とずっと二人。
子供と一緒が嫌と言っているのではない。
彼とは何度も遊んだことがあるし、今どきの中学生と話すのも面白い。

でも、全部って・・・・
私は何の為に一緒に来てるんだ?と疑問になる。

『コモチャンと一緒がいい』ってレイが言うから一緒に来た。
全然一緒じゃないじゃん。

※これは最近聞いたことだけど、レイに言わせると『リフトなんか一緒に乗らなくたって
  一緒にいるってだけで楽しいじゃない』とのこと。私は楽しいとは思えない。)

久しぶりのスキーで脚が痛いという配偶者とゆっくり下りてくるレイ達とはぐれないように
私は子供と一緒に待ってる時間も多かった。

レイと二人でリフトに乗ったからと言って何するわけでもない。
でも一緒に来て、一度もないってどういうこと?
私から『一緒に乗ろうよ』なんて言えるはずないじゃん。
でもレイから一度もそうしようとすることもない。

だんだん、悲しくなってきた。
こんなに嫌な思いをするために私は来たんじゃない。

最後のリフト乗り場でレイの子供が言う。
『お母さん、○○さん(私のこと)と乗りなよ。オレお父さんと乗るから。』
グッジョブ!息子よ。
すごいね。君は。そんな気配りが出来るんだね。
彼には感謝したけど、私の気持ちはもう晴れない。


その後に立ち寄った温泉でレイが言う。
『楽しかったね~』
返事が出来ずに『そうだね・・・』と口を濁して話題を変えた。

レイは気付いていないんだね。
私がこんな気持ちでいることを。
また悲しくなる。
でもこんなに『楽しかった』と言っているのに
私の本当の気持ちなんて言えないよ。

その後の食事でも帰りの車でも同じような状況だった。
レイは常に配偶者にだけ機嫌を損ねないように気を使っていた。

行き帰りの車中でも、レイはずっと当たり前のように助手席にいた。
もう帰るだけでナビの必要もないはずなのに、この日の道中
一度もレイは後部座席に座ろうとしなかったんだ。

帰りの車では遊び疲れて寝てしまった子供にも相手をしてもらえず
私は寝るしかなかった。

目を閉じると涙が出てきそうだ。
早くこの状況から脱したいと思った。


そしてその時に決めたんだ。

もうレイの配偶者と一緒には絶対に出かけない。

『スキーなら。子供が一緒ならいいよ。』と来た私がバカだった。

もう2度とこんな思いはしたくない。

だからどんなにレイに誘われても、絶対に行かない。


えっそれだけ?って言わないで~
↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
     

コメント

コモちゃんの気持ち すごくよくわかる!! つらかっただろうなあ… 俺でももう2度と行きたくないって言うよ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

それ、かなり辛い体験だと思います。

聞いただけでこっちも悲しくなるよ~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

「一緒」の捉え方が一緒になれば、解決するのでしょうね。



ありがとう

>かっくん
うん。辛かったよ。かっくんも経験あるのかな。
でも3年前とは色々変わっているから今だったら
そんなに嫌じゃないのかなぁとも思うよ。

>02:16 の匿名さん
匿名さんのことも話してくれて嬉しかったです。ありがとう。
『オフタリが目標』なんて言われてまた浮かれてます(笑)
匿名さんはもしかしてレイの気持ちがわかるのかな。
そしたら教えてね。こちらこそこれからもよろしく。

>09:57 の匿名さん
本当にいつも見守ってくださってありがとうございます。
おっしゃる通り、私もこれを書くことでレイを傷つけたり
悩ませてしまうことが心配でした。
まだまだ出口は見えないけれど二人で向き合っていくつもりです。

>kotarou さん
一緒に泣いてくれるんですかぁ?うれしい(笑)
辛い体験はやっぱり荒療治で上書きするのがいいんでしょうかねぇ・・・

>20:30の匿名さん
いっぱい褒めてくれてありがとう。
褒めてくれたからこの先も続けて書けそうです。
レイの登板ですか?ただいまブルペンでアップ中です。
呼んでみますか?(笑)

> kunoichi さん
さすがですね。ヤラレました。完敗です!
その通りなんだけどレイの言う『一緒』はなかなか難しいです。

No title

そうだったんだぁ・・・・。

悲しくなっちゃったんだね・・・・。

気持ちを伝えていくしかないんだよね・・・好きだから・・・♪

話し合いはずっとずっと続くよね・・・。 

PEKOE さん

こっちにもコメントくれてたんですね。(今気がついた)
ありがとう。
この話はもう既に一ヶ月近く続いてることに昨日気がつきました。
でもLOVEな二人には変わりないから心配しないでね。

No title

レイは、コモちゃんのこと、好きなのかな?
レイさんの気持ちは、わからない。。
レイさんは、意地悪に思える。
Secret

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。