スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BYレイ】北ア 憧れの穂先3180メートルへ 『二日目・ヒュッテ西岳まで』

【BYレイ】北ア 憧れの穂先3180メートルへ 『一日目前半』
【BYレイ】北ア 憧れの穂先3180メートルへ 『一日目・山荘到着後』 の続き


4:45 に小屋の前には日の出を待つ人が数人
CIMG1357_convert_20150825234226.jpg

尾根道が大海原に浮かぶ島と錯覚する光景。

向こうの空がオレンジ色に染まってきた

CIMG1363_convert_20150825234249.jpg

んじゃ、そろそろ行きますか・・お世話になった大天荘を後にする。

大天荘はとっても快適でオススメの小屋でした
CIMG1364_convert_20150825234310.jpg

本日、届いたハガキ
CIMG1494_convert_20150825234613.jpg

でも、夏山シーズンって…?
これ、いつ書いたんだろ?

歩き始めは 4 時 48 分

まだ寒くてダウンを着て歩き始めるコモチャン
CIMG1367_convert_20150825234347.jpg

大天荘 (2870m) を出発してからのルートを確認しておくと、
まず牛首展望台下の大天井ヒュッテ 2640m(ここからは見えない ) まで下り、
更に大天井岳から見えた喜作新道を登りビックリ平を経て再び喜作新道を歩いていく。
CIMG1366_convert_20150825234329.jpg


美しく神々しい槍ヶ岳
CIMG1368_convert_20150825234404.jpg

♪アルプス一万尺小槍の上でアルペン踊りを踊りましょ ヘイ
の小槍はこちら。 ( 子ヤギじゃないよ)
CIMG1369_convert_20150826001007.jpg

知ってた?小槍の標高は 3030 メートルでちょうど一万尺なんだって。

これは出発前に撮った喜作新道
CIMG1353_convert_20150825234150.jpg

この喜作新道は、 1920 年に長野県安曇野の猟師小林喜作さんが息子さんと一緒に切り開いたんだって。
で、80 キロにもおよぶ重い荷物を担いで3,000 メートル級の山々へ荷を上げ、
驚くほどのスピードで、走るように山谷を駆けめぐっていたそうよ。
山のスーパーマンよね。

この喜作新道は、登山道が変化に富んでいて面白いの。

空はスコーンと晴れで、行く手行く手の登山道にはお花畑でしょ。
CIMG1375_convert_20150826001249.jpg

もうね、泣き笑いしたくなるほど素敵な光景なんだから。
アップダウンを繰り返し山腹を進むと、森林限界も下回ったようで、久しぶりの樹間のトレイル。

風が通らず暑かったり、アブや小さな虫がまとわりついたりもするけど、
手で払いながらも、『お邪魔してまーす』って気持ちは忘れちゃいけないわよね。

そうそう、突然だけど、アルプス一万尺って 29 番まであるって知ってた?

人気の 2 番は、

♪昨日見た夢 でっかいちいさい夢だよ のみがリュックしょって富士登山。

でもこの 2 番はどうやら替え歌みたいだから気をつけて。

更に 貧乏沢のコル (2549m) まで下りる。
CIMG1372_convert_20150826001504.jpg

何があったか知らないけど、『貧乏沢のコル』って名前もゾクゾクしちゃうわよね。
北岳の『八本歯のコル』といい勝負だわ。

実はこの時は、気がつかなかったんだけど、ここは、泣く子も黙る北鎌尾根の入り口だったみたい。

貧乏沢のコルから緩い登りを経て、久しぶりに稜線上に復帰したと思ったら、
いきなりドカンと現れた眺望にビックリ!  そこがビックリ平 (2588m) にだったの。

喜八さん、やるねー。
CIMG1370_convert_20150825234422.jpg

てか、名前のつけ方簡単やわー。

単純計算すると、ここまで約 300 メートル下った事になるんだけど、喜八さんて、ただ下らせてはくれない人。
登ってから下るようになるシステムみたいなのよ。

『なんで、下るのにまた登るんだよー』
と、心の中でぼやき、

下りが続くと、
『また登るのにこんなに下らせるなよー』
と、心の中でぼやく。

喜八さんに聞こえないよう、心の中でぼやいちゃったわ。

段々近づいてきた槍は大迫力の威容をみせてくれる。

槍を頭にしたら、尾根が四方八方に広がっていて、裾の広がったドレスを着ているみたいにも見えない?
荒々しくて男性的なイメージがある槍だけど、優雅な美しさも感じられる。

そして、槍に取りつく私たちの進むルート、東鎌尾根もはっきりと迫力ある景観を見せてくれる。
CIMG1376_convert_20150825234442.jpg

登山道がない北鎌尾根は、完全なバリエーションルートでクライミングや
ルートファインディング能力も必要とされる模様。
1920 年に喜八さんが案内人として初登攀したんだって。

喜八さん、大活躍よね。
ここは遭難事故も多く、一般人は入っちゃダメなとこだから気を付けて !

前方には穂高連峰が勢揃いし、私たちをお出迎えしてくれているような・・

はじめまして、コモレイと申します。
来年はそちらにお邪魔いたしますのでよろしくお願いします。
CIMG1377_convert_20150825234506.jpg

コモチャンは、次の休憩場所のヒュッテ西岳で「ハーゲンダッツ」を食べることを目標に、ズンズン進んでいく。

あ、ヒュッテ西岳が見えてきた。
繝偵Η繝・ユ隘ソ蟯ウ_convert_20150825234714

7:40 ヒュッテ西岳 (2680m) に到着
CIMG1381_convert_20150825234524.jpg

出発してから 2 時間 52 分 ( 標準コースは 3 時間 20 分 )

ふー、着いたー。こんなに楽しい登山道を切り開いてくれた喜作さん、どうもありがとう。
ザックを降ろし、石のベンチに腰掛ける。ここは槍ヶ岳展望の特等席。

お約束のハーゲンダッツ (500 円 ) を食べながら、雲一つない青空にそびえたつ槍ヶ岳の勇姿を眺める。
なんだか、動物になって、ワオーンと遠吠えしたい気分。

さぁ、この先が、難所が待ち構えるこのルートの核心部よ。
2470m の水俣乗越まで 200m は険しい急下り。

その後は槍ヶ岳山荘てまで 610m を登る。
不安な木々の間から興奮が顔を覗かせた。

ゆっくりと 25 分間も休憩していたら。後から来たおじ様が「お先に~」と先に降りて行かれる。

8 時 5 分 私たちも出発だ !
水俣乗越までは 1 時間。

ザレた斜面にかかる鎖場をトラバースしたり、斜度のキツイ鉄梯子を降りたりと、
脚だけでなく、腕力やバランス力も必要になってくる。

難所とはあるけど、足掛かり、手掛かりがちゃんとあるから問題はない。
夢中になって下っていく。

うわっ、長いハシゴが出た!
長いはしご

私が先頭に立ち、切れ落ちた崖にかかる鉄梯子を降りたところで・・・
ん ? なにやら下から声が・・

   続く
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
     

コメント

絶妙なところで区切るもんだから

ドキドキが止まりません(笑)

それにしてもハシゴの高度感ハンパねーっ!
(;゜∇゜)

Qさん

その声が私たちに向けられていると分かったから、もっとビックリしたよ。

で、Qさんの山活リターン楽しみにしているよー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さんへ

わー、そこの山って、別山尾根から登るんですよね。カニのたてばいやよこばいがあるという・・・
私もいつか行くんだろうなー。お天気が心配だけど、無事に登頂できたらいいですね。
そうそう、コモチャンのザックはカリマーのリッジです。登山グッツ・・何買ったか気になるわー。
Secret

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。