スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BYレイ】蓼科山(百名山)の不思議

この記事を書いた日、コモちゃんが山に行こうと誘ってくれた。
この当時、私は生気がなかった。

体調は悪くないのに、楽しい気持ちになれない。
わけもなく、どよーんとしていた。

秋から始まるレースのために、そろそろ本気でランニングに
取り組まなければならないのに、走る意欲もさっぱり湧いてこなかった。

でも、山の事を考えている時だけは幸せだった。

山の写真を見たり、山の雑誌を見たり、山に行った人のツイートを見たりして、ココロは山の中にいた。

いや、まだココロは山の中にあったと言った方が正しいかも知れない。

もしかして、山に魂を置いてきてしまったのだろうか…

霊とか占いとか、そんな実体のないものにあまり関心のない私だが、
山が持つチカラだけはなんとなく信じていた。

私は山が好きだ。
ピークだけではなく、山を歩く事自体が好きだ。

「そこに山があるから」登るのではなく、
「そこに何があるのだろう」という
ことを求めているのだと思う。

まだ山ガールという言葉もない時代から小学校低学年の子供を連れ、近くの山に登っていた。

高峰を登れるようになった今は、更に山の魅力がわかるようになった。
偉大さに惹かれ、山の持つパワーに敬意を示している。

しかし、魂を持っていかれるわけにはいかないんだ。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎
二人で向かった山は、長野県『蓼科山』(百名山)

北八ツと呼ばれる八ヶ岳連峰の北端に位置し、円錐型の美しい山容は諏訪富士と呼ばれる。

標高は2530mだけど、登山口の大河原峠は標高2000mもあるから、標高差500m

北岳の三分の一で行けちゃう。
『楽して絶景』が好きな人には絶対オススメ。

6時前に駐車場に着き、6:20から登山開始。
CIMG1106_convert_20141017225154.jpg

山頂直下の蓼科山荘から山頂までは急な岩場歩き。

CIMG1115_convert_20141017225229.jpg

いや、歩くっていうか、這い上がるって言った方がいいかな。
登山開始、2時間で山頂に立つ。

イヤっホー!

南八ヶ岳の盟主、赤岳を始め、編笠山、権現岳、横岳、天狗岳と
コモレイが登った山が勢揃いして私たちを迎えてくれる。

CIMG1117_convert_20141017225247.jpg

目を移すと、南アルプス連峰も、歓迎ムードで迎えてくれる。

CIMG1121_convert_20141017225304.jpg

…の、イメージが大事w

まずは南アルプス組の組長、高倉健(北岳)と姐さん(間ノ岳)に挨拶。
甲斐駒ケ岳、仙丈ヶ岳など、南アルプスの山には思い入れがある。

CIMG1124_convert_20141017225341.jpg

ここで、北岳に忘れてきた私の魂を蓼科山にポーンと投げてもらう。

thanks

白樺湖と、♩白樺リゾート池の平ホ・テ・ルを見下ろす。
CIMG1127_convert_20141017225402.jpg

ゴロゴロの岩軍団は、なんだかとってもユニークで、一つ一つに魂が宿っているようにも感じたよ。
CIMG1123_convert_20141017225320.jpg

登ってきた岩場を下り、将軍平に戻る。
CIMG1131_convert_20141018113455.jpg

ここから道を右にとり、天祥寺原までのガレ場を下って行く。
このガレ場がこのコース最大の悪路だけど、それほど危険ではない。

亀甲池を経由して双子池に向かう。

わー、とっても素敵。
北八ツの象徴である苔の森だー。

CIMG1151_convert_20141018113640.jpg

CIMG1146_convert_20141018113621.jpg

雌池と雄池の二つの池の総称が双子池
CIMG1157_convert_20141018113702.jpg

CIMG1154_convert_20141017225628.jpg

CIMG1159_convert_20141017225706.jpg

双子山に登り返すと、さっきまでいた蓼科山と北横岳が見える。

CIMG1169_convert_20141018113721.jpg

ぐるっと一周し、登山口に戻ってきた。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

山には計り知れないパワーがある。
不思議な事に、この日から私は元気を取り戻した。

今年の夏山登山はこれで終了。

コモちゃんに、『魂預けてきたんじゃないの?』って言われたけど、
あっちだって、預けられても困るでしょ。

コモちゃん、5月から9月までの5ケ月間、事故や怪我もなく、一緒に歩いてくれてありがとう。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

この記事を書いたのは、9月下旬頃です。

今年の夏は、8月半ばから晴天に恵まれず、特に週末は雨が多かったように思います。
そんな中、久しぶりに絶好の登山日和だった9月27日。

私たちも3000m級の山に登る予定でいました。
諸事情により、登りはしませんでしたが、その日の夕方、御嶽山の噴火のニュースを見て驚きました。

滑落、転落、道迷い、低体温症…
登山に危険は付き物ですが、自己管理で回避出来ると思っていましたから。

事故から20日、年内の捜索は一旦打ち切るとのこと。

亡くなられた方のご冥福を祈り、
未だ不明の方々のご家族の悲しみと、
救助に携わった方々のご苦労を思うと
山の安全を願わずにいはいられません。

 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓


スポンサーサイト
     

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

匿名さんへ

>山頂は、人間が自らの足で辿り着ける、
>天国に一番近い場所だからでしょうか。

匿名さんがこんなシリアス?なコメントなんて・・・
季節のせいでしょうか?

秋の紅葉の山もとてもロマンチックなんだろうな~。
といいつつ、ここ数年は秋レース前で行けてないんだけどね。
季節の流れはほんと早いですね。
Secret

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。