スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。【最終回】下山

【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。
【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。②『登山口~行者小屋』 
【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。③『行者小屋~地蔵の頭』
【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。④『地蔵の頭~赤岳往復~山小屋』
【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。⑤赤岳天望荘  
【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。⑥赤岳天望荘2
【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。⑦
【BYレイ】はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。⑧横岳~硫黄岳コースと地蔵尾根~行者小屋~赤岳鉱泉コース の続き

*****************************

行者小屋から赤岳鉱泉をつなぐ道は、安全で快適・・・のように思えたが・・・

3人の乙女のカラダから放出されるいい匂いが、奴らを目覚めさせたのだろうか・・(はいはい)

音もなく、背後から、そーっと忍び寄ってきた。

奴らの狙いは私たちの熟した果実か(はっ・・?)

いやらしい

執拗に下半身ばかりを攻めてくる。

追い払っても、追い払っても、しつこく追いかけてくる(`Д´) ムキー!

そのうち、奴らのターゲットは一人に絞られた。

QさんだΣ(°д°lll

脚やお尻あたりをめがけ、ブンブンと羽をばたつかせて、
傍若無人の振る舞いをしてくる。

奴らの正体はABU

どうやら、サマーフェスティバル開催中に飛び込んでしまったらしい。( - _ - メ ;)

命からがら逃げ出し(;゜д゜)」ダッシュダッシュ ε=ε=ヽ

なんとか鉱泉に到着した。

私は、エモQさんの二人を残し、合流予定のコモチャンを迎えに再び山道をかけあがっていった。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
やがて、赤岳鉱泉で再会をした6人は、カレーや冷麺を食べながら互いの無事を祝う。
DSCN1327_convert_20130913000523.jpg
(撮影:ふらら)

いいね。みんなニコニコだ。

冷やしたトマトとキューリ
DSCN1326_convert_20130913000452.jpg
(撮影:ふらら)

赤岳のふもとの川の水も赤いんです。
DSCN1330_convert_20130913000618.jpg
(撮影:ふらら)

ありがとう。

懐深き雄大なる山稜。

八ヶ岳。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「道」は、人生の歩む「道」に通じる。

疲れたら休めばいい。

あきらめず、少しずつ進めば必ずや目的地に到着する。

はるか遠くの山も、歩き続ければ足元になる。

不安を背負ってでも自分の足で歩いた新境地は、眩しいほど輝いている。

~おわり~

書き終わるまで1ヶ月半もかかってしまいましたが、
長きにわたり、お読みいただきありがとうございました。
プリプリを読んで「登りたい」と思ってくれる方がいれば嬉しいです。   
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓


<追記・・・失敗のキロク>

赤岳鉱泉から駐車場に向かう長い平坦な道は、消化試合のようで気が緩むところ。
ワタクシ・・・岩の上で転倒し、落ちちゃいました。
わずか50センチ下だから怪我はなかったんだけど・・・
落ちたところはあったのは、大きなドロドロの水たまり・・・
ワタクシ泥だらけ・・・・(≧0≦)・・

「大丈夫、大丈夫」と、ポーカーフェイスで言っている割には、
ドロいっぱいついてるし・・(汗・・)
コモチャンやお仲間が、次々に川の水で濡らしたタオルで拭いてくれて、
ありがたい・・でも、とっても恥ずかしかったんだよー。

で、次の転倒者はピヨさん。ABUと闘い中に平坦な道でコケちゃってました・(≧0≦)・・

一番怖いのは、鎖場でもキレットでもなく、「慢心」なのかも知れません。
スポンサーサイト
     

コメント

No title

レイセンセ~、たっぷり丁寧に記事を書き残してくれてホントにどうもありがとう!
写真もいいのを選んでくれたね(^^)。
まさにここが記念アルバム(笑)。

コモちゃんとレイセンセのお蔭で、ホントに素晴らしい経験が出来たよ。
だって、Qスケと私だけじゃ到底ムリだもの(^^;)。
初心者丸出しの私たちは、ただただ付いてっただけなのに、あーんな高い山に登れちゃったんだね。
経験者がいる、仲間がいる、がんばれと励ましてくれる人がいる、何かあったら頼れるリーダーがいる、ってことが大きな心の支えだったよ。

その裏には、コモちゃんとレイセンセが立ててくれた綿密な計画と、不測の事態に備えての念入りな準備や下調べがあったことは忘れないよ。
ホントに感謝のひと言に尽きます、ありがとね(^^)。

んで、来年はQスケの行きたがってたアソコに連れてってくれるのかな~(笑)?

エモさんへ

最近の山登りは必ず仲間の話題が出ます。

昨日の瑞牆山でも、
「この山は危険はないし(山頂除く)、絶景が見られるからみんなで来られるね~」
とか、
「ここの岩の上にQさんが立っちゃったら、エモさんが『危ないから降りて~』って言うよね~」
とか・・(笑)

甲斐駒の山頂では、「ふららちゃんはこの標高だとキツいかなー」
とか、
「ビヨさんはきっとズンズン先に行っちゃうよねー」
とか・・・

そそ、来年はアソコに行きましょう。
すでに、ほぼ行程は出来ています(笑)

Lな登山部

たくさんの(しかもサイズが大き過ぎるw)写真を見ながら、
素晴らしかった“ひと夏の体験”に思いを馳せております。
山小屋泊というドキドキワクワクの初体験を導いてくれた
センセと騎士のお二人、どうもありがとう!

あれから二人はさらにマゾ度を上げて
チャレンジングな登山をどんどん続けているよね。
私たちは、別途報告したように、分相応なところに2回。
(それでも、今年の夏は、
例年行っている映画祭も音楽フェスもすっ飛ばして
山ばっかりだとプチクレームがきたので
最低限お部屋デートは確保しましたよ!ww)

夏しか行けないところがあると思うと、ついつい欲張っちゃう。
一方で、秋冬は秋冬の良さがあるから、これからのシーズン、
きりっと清冽な山の空気を味わう低山歩きも楽しみたい♪

アウトドアで五感を解放すること、そこに仲間がいること、
尽きないお喋りと、素晴らしい景色と、
つくる余裕があるときの美味しい山ご飯(笑)。
たまに、思うようにいかないトラブルや筋肉痛や空腹や
悪天候や道迷いやアブもあるからこそ、
うまくいってるときの達成感と充実感も大きいと思うんだ。

登山部の他のメンバー(かつてどこかしらの山に一緒に登った
KさんやNちゃんやIっち)も行きたがってないかな~w

Qさん

写真は、「もっとデカく・・もっとデカく・・」と、コモチャンにリクエストしちゃいました。
たくさんの写真の中から、採用するモノを選ぶ楽しさったらありませんでした。
岩・森・花・空・雲・・・そして・・どこでもABU・・魅力あふれるミニアルプスと仲間の顔。
こちらこそ、一緒に登ってくれてありがとう。

あれからエモQふらピヨは「北のヤツ」に会いに行ったんだもんね。
いいなー♪

あ、登山部のkちゃんとは、この間会ってきたよ。
山に行きたがっていたから今度はご一緒できるかな?
Secret

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。