スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりに。

24時間マラソンのゴールを見届け、サライの大合唱を聞くと
夏も終わるな、と思っていたのはいつの頃からだろう。

今年は、ランナーの端くれになれたので当然かもしれないけれど
それよりずっと前から、24時間マラソンだけは気にしていた。

で、もっと気になるのが、翌月曜日に放送されるその“裏側”
深夜や日中は時折、速報が放映されるだけだから
その全貌を確認して、やっと私の夏が終わる。(相変わらず大げさ)

その時期が来て、思い出した。

特別、好きな歌というわけじゃなかったけど
昨年、一昨年は この“サライ”という歌を
着メロにして、気分を盛り上げ余韻に浸っていたことを。

続きを読む

スポンサーサイト

【BYレイ】山とパスタと水羊羹

特別、水羊羹が好きだったわけではない。

いや、もちろん嫌いという事ではないのだが…
正直に言うとあまり関心がなかった。

夏のスイーツには、もっと鮮やかで目を引くものがたくさんある。

見た目も地味で、お中元の定番の水羊羹は、
いつも実家にあり、有り難みもない存在だった。

あの人のblogを見るまでは…。

このblogの記事と写真でどんどん水羊羹への思いが強くなる。

『エモさん、水羊羹持ってきてくれるかな~?』

思い切って、頼んでみようかと思ったが、記事を読めば相当手間がかかっているのがわかる。

気軽に頼むなんて、出来ないよな~と思って当日を迎えた。

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

続きを読む

【BYレイ】Lな大人の運動会

7月某日、L仲間と遊んだ。

集合は11時
場所はでっかい公園

レジャーシートの上で、
それぞれが持ち寄ったフードを頬張りながら、

食べる呑むしゃべる
食べる呑むしゃべる。

ずっとこうしてダラダラと
過ごしていたかったけど、

そんなのあの人が許してくれない。
そう…あのセンセだ(笑)

続きを読む

コモ満足

「山の記事を長々と書くのは自己満足だと思うから
 ちゃっちゃって終わらせたいんだ。
 あと、2回くらいかな~」

そうレイが言ってたのは、【八ヶ岳に恋をして】の
三つ目の記事を書き始めた頃だったかな。

自己満足。

レイが満足ってことだよね。

いいじゃない。多いにけっこう。

もう一つおまけがあるよ。

コモも大満足だってこと。

続きを読む

【BYレイ】八ヶ岳に恋をして・地蔵の頭~赤岳天望荘~赤岳

【BYレイ】八ヶ岳に恋をして・やまのこ村~行者小屋 
【BYレイ】八ヶ岳に恋をして・行者小屋~地蔵の頭 の続き

10:45地蔵の頭

ついに、ついに、稜線上の地蔵の頭に立った。

うおぉーーー。

わあぁーーー。

なんですか、この景色。
いいんですか、この迫力。
初心者に、こんなにサービスしてくれちゃっていいんですかー?

八ヶ岳、ハンパねーぞーー。

東の方角を見ると、

またまた出たーー。

ふーじーさーん。

033_convert_20120820235757.jpg

遠くに見える雲上の山が富士山。右の山が赤岳、その下の山小屋が赤岳天望荘。

富士さんったら、またワタクシの事つけ回しちゃって。
ストーカーなんじゃないのー。

(アタシの事見てんの、あんたの方じゃないの?by富士山)

続きを読む

待ちきれないよ。パート2

「○日はデートでもいいからね」

夜更かし⇒寝坊した朝に届いていたレイからのメール。

「今日も暑いね」

「ブログの修正お願い」

の間にさらっと書いてあった(笑)


でもね、そこ一行だけキラキラマークがついて

点滅しているように見えたんだ。

続きを読む

【BYレイ】八ヶ岳に恋をして・行者小屋~地蔵の頭

【BYレイ】八ヶ岳に恋をして・やまのこ村~行者小屋 の続き

やまのこ村(1760メートル)

行者小屋(2350メートル)

地蔵の頭(赤岳天望荘)(2722メートル)

赤岳山頂(2899メートル)

行者小屋から赤岳天望荘まで標高差549メートル、コースタイムは1時間30分。

赤岳を遠くから望むと、山頂付近は岩肌が露出しているのがわかる。

今まで何度も『こんなとこ登るの~』と雑誌で見ていた
『こんなとこ』に立つ喜びを感じながら、深い針葉樹帯に入って行く。

最初は『これ、登山道だよね~』と疑うほどの急登な道。

そうそう、この急登(きゅうと)と言う登山用語も初めて知った。

キツイ登りなのに、『キュート』

このアンバランスがなんとも好きで、子供のように『キュートだ!キュートだ!』を
連発しながらどんどん高度を上げて行く。

初心者丸出しである。

次第に周りの木の高さが低くなり、太陽の光が登山道に届くようになった。

やがて森林限界を向かえると…

我々を待ち構えていたのは……

おぉぉ~朝日に照らされた神々しい梯子だ。

016_convert_20120819013531.jpg

続きを読む

【BYレイ】コモチャンから届いたメール

>気をつけていってらっしゃい。
 メールは無理しないでね。
 無事の帰りを楽しみに待ってます


帰省中にコモチャンから届いたメール。

実家では人がいっぱいで、メールするのもままならない。


続きを読む

待ちきれない

あー逢いたい。逢いたい。

レイに逢いたい。

早く逢いたい。

昨日まではね、

良いワンコにしてた。


実家にいるレイは、色々忙しいだろうし

そんなモードじゃないってわかってるから。

さみしんぼうにならないように

レイが帰ってきたら、褒めてもらえるように

けっこう頑張って色々調べたりしてたんだよ。

続きを読む

【BYレイ】八ヶ岳に恋をして~やまのこ村⇒行者小屋

最後の硫黄岳(2760m)で「帰りたくないよ~」と言ったのが聞こえたのか、
身体は下山しても魂は八ヶ岳に置いてきたままのようだった。

下山してからの一週間は腑抜けとなり、気がつけば八ヶ岳を思い出す日々。
どうやら私はヤツに恋をしてしまったようだ。

私たちを虜にした八ヶ岳の大パノラマと類い稀なる高山植物。
二人で歩いた感動の二日間をキロクしておきたいと思う。

南八ヶ岳は決して「安全な山」とはいえない。

急登な岩場は滑落の危険がある。
浮石も多く、落石事故を起こす。
ザレ場・ガレ場の続く道は転倒しやすい。

標識が少なく、濃霧の時はルンゼ(えぐられた岩稜)に迷い込むケースがある。

私たちが行った1週間前にも遭難事故があったばかりだ。

経験も浅く、体力もない。地図も磁石も読めない私たちにとって、
お気楽気分で行ける山ではない。
そもそも、安全に「100%」ということはない

しかし、知恵を持って臨めば100%に近づける事は出来る。

「無謀」が「挑戦」に変わるんだ。

前回までの記事でも書いた「登山で心がけていること」と併せて記していきたい。


<登山で心がけていること 前回までの内容>

1、危険が伴う山は悪天候の時は行かない
2、いつでも引き返すという勇気を持つ。
3、高山では早出、早着が大原則

****************************

まず、目指したのは主峰赤岳。
7月中旬、権現岳から見た赤岳に、来月必ず行くからと約束していたんだ。

一番右の高いのが赤岳


いや、約束したと言っても、相手と指切りしたわけじゃない(汗)が、
『勝手にくれば』といつものクールな赤岳が、
『来るなら気をつけて来なさいよね』と言った気がしたんだ。
(はいはい)
****************************

続きを読む

キッチンツール5点セット

フライ返しと泡立て器

どこの家にでも必ずありそうなこの二つのツールが
我が家にはもう何年もなかった。

もともと、面倒な料理はしないので(出来ない)
道具にもこだわりはあまりない。

なくても他の道具で代用できてたのか
特に不便は感じなかったので、購入することもなかった。

が、我が家にもやって来た。

フライ返しと泡だて器が。

続きを読む

【BYレイ】真夏のピクルス

カラフルな野菜でビクルスを漬けてみた。

上の左から、タマネギ・ニンジン・キューリ・セロリ
下の左から、ヤングコーン・しめじ・パプリカ・みょうが・カリフラワー


続きを読む

ヤツに魅せられて

2012年の【挑戦】だった八ヶ岳縦走が終わって
もう一週間になろうとしているのに
まだ、私達の間で一日一度は“ヤツ”の話題になる。

レイが翌日に
「心はまだ下山してないみたい」
と言ってたけど、なんとなくわかる。

私は下山はしたけれど、心はすっかり奪われてしまったようだ。
(レイは「魂おいてきちゃったみたい」だって)

“富士山に登ると人生が変わる”と聞いたことがあるけれど
私の場合は10年前に初めて登頂した時も変わらなかった。
(その証拠に他の山にも登ってみようなんて気にもならなかった。)
 実はその時、次に挑戦したいと思っていたことがあるんだけど
 それは来年、チャレンジできそうなのでまた別の記事で)

しかし、今回の“八ヶ岳縦走”は私の人生を変えた。(と思う)

下山してすぐに、「さぁ、次はどの山に登ろうか?」と
思ったのなんて生まれて初めてのことだ。

それほど、ヤツに魅せられてしまったんだ。

ゆっくり思い返したい気持ちもあるけれど
いつになるかわからないので、オススメ写真を。

■7:47横岳にて。縦走して来た道を振り返った図
 右の高い山が主峰の赤岳。
 左側には、ずっと見守ってくれてた富士山が
 雲から顔を出している。(やっぱりストーカー?
086_convert_20120809021025.jpg

続きを読む

キロク更新

前の記事で「日帰りなのに二泊三日くらいの充実感」と書いたが

“懐深き雄大なる山稜”は想像以上だった。

今回は、一泊二日なのに、あまりに色々なことがありすぎて

気分的には四泊五日位の山ごもり(笑)

続きを読む

【BYレイ+コモ】ヤツは手強かった【最終編】 

【BYレイ】ヤツは手強かった【1】
【BYレイ】ヤツは手強かった【2】 
【BYレイ】ヤツは手強かった【3】
【BYレイ】ヤツは手強かった【4】
【BYレイ+コモ】ヤツは手強かった【5】   の続き

標高2700メートル権現小屋に到着。
青い屋根の行者小屋ははるか遠くに。
いざ、権現岳山頂へ(あと10分だって~♪)
063_convert_20120731232724.jpg

山頂より権現小屋とトラバースしてきたギボシ
066_convert_20120731232316.jpg

続きを読む

【BYレイ+コモ】ヤツは手強かった【5】 

【BYレイ】ヤツは手強かった【1】
【BYレイ】ヤツは手強かった【2】 
【BYレイ】ヤツは手強かった【3】
【BYレイ】ヤツは手強かった【4】  の続き

岩だらけの長い長いトンネルを抜けたと思ったら、

いきなり目の前が開けた。

ついにきた。

子供のように頂上まで駆け出した。
(気持ちは)

実際にはおびただしい岩塊に躓かないよう慎重に進む。

『うわぁ~、な、なんですか~すごいすごい、わ~い!ヤッホー』

ぐるりと360度、壮大な眺望に一気にテンションが上がる。

そして、またまた富士山出演。

032_convert_20120731230104.jpg

続きを読む

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。