スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2弾はプリティ“女豹”で

祝!10万HIT記念、第2弾です。

(ちなみにもうベッドの上じゃないからねっ)

第1弾の公開後、レイは携帯で何度も拍手やコメントを確認してる。
タイムが残り少なくなったコモスケはそれどころではない・・・。

でも皆さんの反応が気になるんだよね。

《今から3時間前の会話》

レイ「ねぇねぇ、コモちゃ~ん。拍手少ないんだけど~」

コモ「だって、その写真イマイチ、エロさが足りないもん。」

レイ「え~っ?この写真気に入ってたのにぃ」

コモ「可愛いよ。でも、きれ(布)が多過ぎる。全然エロくない。
   きっと、読者の皆さんもちょっと残念・・・って感じだと思う。」

レイ「え~っ???じゃあ、あっちの布が少ない方がいいの~?」

コモ「絶対いいよ!レイの一番のファンの私が言うんだから間違いないっ


という訳でコモスケイチ押しの第二弾です。

※ラストにバトンタッチしましたので画像は削除しました  

続きを読む

スポンサーサイト

10万HITはベッドの上で

皆さん、お知らせいただきありがとうございます。

宣言通り、記念フォト公開しまーす。

実は今、レイとデート中なんだぁ。

今から『喜びの舞』を踊るそうです。

(第二弾を公開したので画像は削除しました。)

続きを読む

みなさんのおかげです

FC2にお引越ししてもうすぐ5ヶ月になる。

以前のブログの時より、毎日の閲覧者数も増え、

リンクしてくれているブログ仲間も増えた。

非公開でコメント出来るようになってから
恥ずかしがりやさんがコメントくれるようになったり、

メールフォームから心のこもったお手紙をいただいたり、

コメントがなくても拍手の数で安心したり、

ランキングが上位になればそれはそれで嬉しかったり、

お引越ししてよかったなって思うことがたくさんある。

これは全て、みなさんのおかげです。

心からありがとう。


昨日、レイにこんなことを聞かれた、

『私達は私達の生き方や愛し方やブログの在り方に自信を持っていいよね。』

うん。もちろん!私は自信を持っているよ。

私が自信を持てたのも・・・みなさんのおかげです。

本当にありがとうございます。


気付けばカウンターも100000HITが目前です。

これを記念して久しぶりのフォト公開をする予定でいます。

10万達成したその瞬間からスタート。

そこで皆さんにお願いがあります。

100000HITのカウンターを目撃した方、コメントでお知らせいただけませんか。
(コモスケ達は日中はなかなかPCが見られないのです…)

ぜひよろしくお願いします。



キリ番、踏むのはだ~れだ?
 ↓ ↓ ↓ 

KBオフとサプライズ

先週はレイと恋人として参加したイベントが2回もあった。
デート以外の日なのにラブモードでいられるのはとても嬉しい。

一つはレイが詳細レポを書いてくれたKBオフ。
(勝手に既婚ビアン→KBと名付けちゃった
『既婚ということで肩身の狭い思いをしたことありませんか?』と発足された
既婚者ビアンの為のSNS。(興味ある方いらしたらご紹介致します

でもね、登録はしたもののコモスケは初めてのコミュニティ参加。
どうやって活動していいかわかんないわけさ。
かの有名なmi○iは実妹に紹介してもらったけど…
妹の周りじゃLな活動は出来ず休眠したまま。
ブログというオープンな世界で活動を始めてしまったので閉鎖的な感じも否めない。
ブログ以外に日記を書いたり交流する時間もない。

だから6月に初めてのオフ会を予定してると聞いたけど参加していいものか迷ってたんだ。
でも『プリプリのコモさんですよね!』と声をかけてくれたり
『ブログ読んでファンになりました』ってメッセージくれた方もいてね…
だから勇気を出して参加してみた。

続きを読む

【BYレイ】 プラネットカフェは2丁目で〔後編〕

プラネットカフェは2丁目で〔中編〕 の続き

Eさんの彼女はとても若い。最近彼女に昇格したばかりだという。

Eさん「彼女にね、指入れたくても痛いって言われてまだちゃんとできないんだよ。
     彼女は若いのにとっても上手いんだ」 と指をいれる手つき。

レイ「きゃ~その手つき止めて」(笑)

コモ「聞けばいいんだよ。彼女のほうが上手いんだったら
   彼女にどうすれば気持ちいいか聞けばいいんだよ」

Eさん「えぇ~?彼女に聞くの?」

コモ「聞いていいんだよ。レイにだってコモチャンが上手なのは
   レイが教えてあげたからだって言われるよ」

親友にも打ち明けられないIDトークを初対面の人にもできるのは二丁目マジックか。

コモチャンのアドバイスの甲斐あってかその夜は無事○○たって・・よかったね。

**********************************

そうそう、カップルで来ていたのはレイ達含めて3組だったんだけど、
後の2組の彼女は20代前半だった。

40代からすると………30代はいいのよ、30代は。お隣さんだからね。
40代になるのを嫌がっているヤング達に「そんなに悪いもんじゃないぞ」って
教えてあげたいくらいの余裕はある。

でもね、20代っていうのはどうよ。(40代の皆様、ご賛同いただけますか?)
コモチャンが言うには20代の頃はみんな年上が好きだから
40代でも肩身狭くする必要はないというけど・・・チビッコでしょう? 

ソファで座ったYさんはEさんの彼女で20代前半。
とってもキュートでアイドルみたい。
お話しながら目をパチクリさせてレイの肩を抱いてくれたり寄りかかったりしてくる。
レイは女性の身体に興味がないのでドッキリすることはないのだけれど
「これってサービス?」「まさか介護?」とどう受け取っていいかわからずオロオロ・・・(笑)
後でコモチャンに「ただのスキンシップじゃない?」と言われた(恥)

***********************************

続きを読む

【BYレイ】 プラネットカフェは2丁目で〔中編〕

 プラネットカフェは2丁目で〔前編〕 の続き

コモチャンが見つけてきたのは
[既婚女性(離婚歴のある女性含む)のビアン・バイのための・・・]という某SNSだ。
6月**日にオフ会を実施するという記事に関心を持った。

とりあえず入会したコモチャン。
しかしに入会してもプリプリ以外に記事を書くなんて多忙なコモチャンに出来るはずもなかった。


活動もせずオフ会だけの参加なんて失礼窮まりない話なのだが、
そんな私達にも暖かく迎えてくれた会員の皆様に感謝致します。


当日のスケジュールは、

①某ホテルでアフタヌーンティー&ワインでお茶会

②新宿二丁目のビアンバーでお食事会(飲み会)

③新宿二丁目クラブで夜遊び会

④某ホテルでお泊り会

この中で都合のつくプランに参加する事が出来るという。

なんとフレキシブル!

幹事さん素敵!


私達は②のお食事会(飲み会)にと③のクラブイベントに参加表明してあった。

blog上で慌ただしい時期だったのでコモチャンは「レイが気乗りしないのなら止めよう」と
何度も言ってくれたが、乗り越えた事を証明するためにも参加するんだ。

**********************

続きを読む

【BYレイ】 プラネットカフェは2丁目で〔前編〕

プリプリを始めた当初は読者の方とお会いするなんて事考えた事もなかった。

けれどだんだんナイスなblogを持っている方達やblog読者の方達と
会ってみたいという気持ちが膨らんできた。

膨らんできた……

膨らんできた……のだけれど………

ダメダメダメblog読者とのオフ会なんて絶対ダメ!

だってね、過去に何回も裸のフォトを掲載しているレイが
服を着ている姿なんて見せる顔がないじゃないか!

続きを読む

一休み

レイの記事が一段落して読者方から『お疲れ様』『よかったね』という
お声をたくさんいただいた。
しかし、レイがお返事していたように実はまだこの話は終わっていない。

もちろん『三年前』の話は終わった。
レイが成敗してくれたからだ。
私の最後の記事ではまだ半信半疑で自信のないような書き方だったけど
今なら胸を張って宣言出来る。
もう大丈夫と。

その証拠に思い出しても辛くない。
記事を読んでも悲しくなったりもしない。

記事を公開した直後には『書いたのに何も変わらないよぉ』と思っていた。
検証してみても何だかスッキリとした解答は出ない。
またそのまんま閉まって棚に上げた方がいいのかな~と何度も考えた。

でもレイは『本当は書くつもりはなかったけど・・・』といいつつも
あの当時のことを検証しブログを通して応えてくれた。
私が忘れていた事実もあったし私には想像すら出来ないレイの思いもわかった。

『レイにとっては取るに足らない出来事でもコモチャンには辛い出来事だったんだね。
 わからなくてごめんね。blog記事ですごくすごく辛かったって事が
 わかってよかったよ。勇気を出して書いてくれてありがとう。』

もう、この言葉だけで十分だった。

続きを読む

【BYレイ】 格好悪いレイがいます

コモチャンとお話出来なくなっていた。

一般的なお話は出来る。

けれど深い話や意見が対立した時に何か話そうと思うと苦しくなる。
レイの発する言葉がまたコモチャンを傷つけてしまうんじゃないかと思うと黙ってしまう。

blogならピッタリの言葉が見つかるまで何度も削除出来るけど
会話上の失言は取り返せない。
記事を書いている途中で苦しくなる。

ある日、三年前の話は事実に忠実に書きたいと下書きしている記事を見せた。
コモチャンから「ここは○○○と言ったんじゃなくて×××と言ったんだよ」と修正が入る。

その時、三年前の事が蘇ってきたのか急にコモチャンの声が大きくなった。

レイは大きな声は苦手なんだ。

特に弱っている心にはこたえた。

そしてその日から頭痛や胃痛に見舞われた。

このことは絶対にコモチャンには話さない。

そう決めた。

レイが受け止めるんだ。

そう約束したんだ。

コモチャンに言えばまたコモチャンを悩ましてしまう。

でもこれ以上は書けない…

本当は第三幕も続けて書きたかったんだけど③を書き終えた瞬間、力尽きた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

続きを読む

【BYレイ】三年前の話③無作法

スキーに行ってから一ヶ月経過したデートの日、
初めてコモチャンから「あの時すごく嫌だった」と泣きながら訴えられた。

付き合って約一年、コモチャンがレイに不満を訴えたのはこれが最初だった。

驚いた。

「え~そんなことぉ!」
と言ったように記憶している。

リフトや助手席の隣に誰が座るかということにさほどこだわりがないレイにとっては
「騎士がこんな事で泣くなんて」ととても意外だった。

そして元来、面倒な事が苦手なレイは
「わかった、わかった。いいもん!もう誘わないから」で終わらせてしまった。

その時の「わかった」は理解したという「わかった」ではなく
単に争う事を避けるための「わかった」だったのだろう。

あれから三年が経過した。

レイは今も「あの時の事を思い出すと今も苦しくなる」というコモチャンに
ちゃんと向き合おうとしている。

違いは何か…

それは間違いなく愛情の深さである。

一年目より二年目、
二年目より三年目、
三年目より四年目、

付き合う年月の分だけコモチャンを想う気持ちが強くなっている。
あの時「レイには理解出来ないから」と棚に上げた出来事に
改めて決闘を挑んだ事実がそれを裏付けている。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

続きを読む

【BYレイ】三年前の話②絶対に悟られてはいけない

コモチャンの記事【検証】が更新された頃、ある方から初めてメールをいただいた。

ずっと以前からプリプリのファンでいて下さっているとの事、
そこにはとても丁寧で温かい言葉が長く長く綴られてあった。

驚いたのは過去の記事を全て覚えていらっしゃったという事ではない。

記事の中の言葉の裏側にある真意を読み取り、
そこには書いてない心の動きを浮き彫りにしてくれたという事だ。

当事者の私達よりも読者の方が冷静な判断ができる場合もある。

コモチャンはそのメールを見て
「レイからも言われていたことだけど読者の方に言われたらお腹にストンと落ちた」
という(チッ)(笑)

そんなMさんのメールから一部を引用し紹介させていただきます。
(許可はいただいています。大変驚いておられましたけど)

(前半省略)
レイさんは、家庭・職場・プライベートetc..そして、恋人であるコモさんの前、
全てにおいてご自分の中でちゃんと線引きされているのだと思います。
今回、再度誘われた事により、辛かった思いが蘇り、悲しい思いをされてるコモさん。
そんなコモさんに私のような者が言う事ではないのですが、
レイさんのスキー場での気持ちは、職場での関係に近いものがあったのでは?
絶対、悟られてはいけない。
ならば初めからコモさんに声を掛けなければいい。それなのに何故?
それは恋人として振舞う事は出来ないけど「コモちゃんが居ると楽しくて嬉しいから・・・」
職場と一緒でコモさんが居ると安心し、恋人として接する事ができなくても居るだけで心地良い。
レイさんが、恋人として本当の気持ちを表す事が出来るのは、デートの時とブログだけ。
コモさんの事を愛しいと思えば思うほど、周りに人が居たり、別の顔の時には決して言えない。
唯一、素の自分をさらけ出せるのは、二人で居る時だけだと思います。
だからと言って、別の顔の時にコモさんの事を想ってないかと言うとそうでなく
ある意味コモさん以上に見てないようで見ていて、常に、ドキドキしているのでは・・・?
(後半省略)

M子さん本当にありがとう。

「絶対に悟られてはならない気持ちの現れ」
とM子さんが書いてくれたように二人の関係が知られてしまう事への
不安は非常に強いものがあります。
特にこの頃は家庭や職場に秘密を持ってしまった後ろめたさと罪悪感。
絶対に悟られてはならないと神経質になっていた時期でもあります。

「お前達仲いいよなぁ」と言われただけで心臓がドッキーンと鳴ってしまいます。
もしコモチャンと付き合っていなければ記念撮影の時、あんなに離れていないでしょう。

他の友達ならリフトも助手席もレイが隣に座ったでしょう。
(コモチャン以外の友達は息子を知らないということもありますが)

だからレイの行動はやむを得なかったということではありません。
もしそうであったとしてもそれを補う事はできたはずですから。

たとえリフトや助手席の隣に座らなくても他の方法で寂しいと思わせない気配りが出来ていれば…


レイにはわからなかったんです。
騎士は頑丈な鋼の鎧を着ていましたから。

レイには見えなかったんです。

鋼の鎧の下に柔らかい肉が息づいていることを…

そこが傷ついて血がにじみ出ていることを…

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コモチャン、鋼の鎧は要らないよ。
布の服でもハートが元気に躍動していれば
 ↓ ↓ ↓

【BYレイ】 三年前の話①

3年前の出来事をまたレイがここで蒸し返すのもどうかとは思った。

コモちゃんが行ったという「アダルトトイ○ラスの話も気になるし、
ブログ三周年記念のイベントはどうしようとか、
コモがレイの○○○に手を入れているエロフォトはどのタイミングで公開しようとか・・
そんなワクワク楽しい記事の方がいいのではないか?

読者の方の立場にたっても「ややうんざり感」があるのではないだろうか?・・と。
しかし、私にはやはり「説明責任」がある。
それに今度はレイがコモちゃんに理解してもらいたい。
コモちゃんは「3年前のことはもういいよ」と言ったが
レイの気持ちもちゃんとわかってほしい。

そしてもう一つ、これからの記事にはレイの既婚者同士の恋愛感が集約されている。
レイはこの記事は一つの学習ツールだと思っている。
この記事を通し更に二人がちゃんと向き合い、話し合いを重ね、
苦難を乗り越えて手に入れた幸せは、これから訪れるかも知れない困難に
打ち勝つ力を与えてくれるに違いない。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

自分が嫌な事が相手にとって必ずしも嫌な事とは限らない。
逆の場合も然別である。

コモチャンはレイの嫌な事を完全に把握している。
忘れそうな時はメモしているという。
コモチャンは嫌な事を訴える事はあまりない。
唯一嫌だと言ったのは三年前のこの時だった。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

続きを読む

【BYレイ】コモ記事を読んだ日

どうやら既婚者同士の恋愛に関するレイの考えは一般的ではないようだ。

コモちゃん記事の皆さんのコメントを見て「少数派」ということを知った。

多数派がいつも正しいとは思わないけど、コモチャンが苦しい気持ちはごく普通のことなんだね。

しかしこの時はまだそれを知らなかった。

******************************

続きを読む

レイからの皆様へのご挨拶

いつもプリプリを読んで下さっている皆様。

blog三周年記念記事がこのような幕開けになってしまった事をお許し下さい。

コモチャン自身も書いていましたが今回の記事は3年前の出来事をわざわざ持ち出して
私を怨んだり責めたりする事が目的ではありません。

ただ現在は間違いなく過去からやってきています。

現在または未来の事を考える時にどうしても過去のそれが
引っ掛かってしまうのであれば、まず歴史をひもといてみようじゃないかと
提案したのがきっかけです。

これから数回に渡り更新されるであろう記事はレイが独自に書いていたものです。
コモチャンの記事と交錯するとコモ記事がぶれてしまうのであえて待機していました。


コモチャンは記事の中で成敗されたんだと書いていましたが本当にそうでしょうか。

本当の意味の成敗はコモチャンがリスク(レイを批判するような記事を書いた自分を
責めてしまうということ)をはねのけて書いてくれた記事に私が真摯に向き合い、
コモチャンの想いに応えた時だと思っています。

ここでいう「応える」というのは単に詫びる事でも共感・同調することでもありません。

格好つけず、ごまかさず、批判される事を恐れずに、正直な自分の気持ちを書く事が
コモチャンに対し精一杯の愛で応える事だと思っています。

三年前の事も含めた記事はかなり長くなりますので次回にさせていただきますね。

その中から更に互いを思いやり、励ましあい、高めあう事が出来たなら
本当の意味で3周年の記念記事に相応しいと言えるのかもしれません。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

続きを読む

旬なキモチとお返事

一昨日の記事 【これでおしまい?】  にはたくさんのコメントを頂きました。
厳しいご意見、するどいご指摘、応援コメントどれも、きちんと受け止めました。
皆さんの時間をさいて、私の一連の記事を読んでコメントをくださった方
またメールをくださった方、本当にありがとうございました。

レイには非公開コメントは私から知らせています。
あたたかいメッセージにはとても感謝していました。
あらためてお礼申し上げます。


皆さんのコメントを読んで、誤解させてしまったかなと思ったことがある。

くれぐれも私は三年前のレイの行動を責めるつもりはないし
あの時のことを謝ってほしいなんてことも思っていない。
それだけはご理解いただきたいと思う。

今回のことは、1ヶ月ほど前にレイが配偶者と出かけるのに私を誘った・・・
ということから始まった。
そこで三年前の話を思い出し【2006年4月の出来事】を書くことになった。
最初は思い出すのも辛いし、公開することでレイが批判されるのも嫌だし
書くということだけでレイを責めることにならないのか・・・と躊躇していた。

レイは『過去のことなら責めていいんだよ』と言ってくれたけども
私は『あの時、こうしてくれればよかったのに』なんて
過去の行動を責めるようなことはしたくない。
言ったところで事実は変わらないし、嫌だった気持ちも消えない。

でも記事を公開したことで、あれだけ『わからない』を連発していたレイが
『コモチャンが嫌がる気持ちは一般的なんだということを理解した。』
『あの時そんなに嫌だったから、二度と行きたくないんだね』と言ってくれた。

私としてはそれだけででもう十分なんだ。
だから一昨日の記事に『三年前のことは本当にもういい』と書いた。

だからと言ってこの話はまだ一件落着、解決案件というわけではない。
【本編】以外の記事の会話や気持ちは全て現在のこと。
私の中でもやもやしているのは、現在のことなんだ。
きっとレイの記事を全く読んでないからだね。
レイが書いてくれてレイを理解出来た時が本当のゴールなんだと思う。


コメントのお返事はこちら
 ↓ ↓ ↓

続きを読む

これでおしまい?

この私が珍しく毎日更新している。
しかし毎日、書く度に凹む。
いい加減に毎日こんなことをばかり書いてる自分も嫌になってくる。
だいたい三年も前のことをグダグダ言ってることはどうかと思う。

レイは私より早く寝るから更新されたブログを朝読む。
朝からこんなグダグダした記事ばかりを毎日読まされるレイのことを思うとまた凹む。
なら書くなって気もするけど書かないと前に進めないような気がするし
早く書いて終わらせたいような気持ちもある。

レイは『書け書け。ぜーんぶ吐き出さないと』と
怒ることも、凹むことも、否定することもなく
ただただ読んでくれている。

ありがたいと思う。

続きを読む

検証その2

検証・・・と言うほどでもないけど気づいたことがある。

もし今、三年前と同じようにレイとレイの配偶者と一緒に出かけたとしても
もしかすると・・・あの時ほど嫌ではないのかもしれない。

三年前と今とでは、レイと私も、レイと配偶者も同じようでちょっと違う。

だから同じ状況にはならないのかもしれないし
なったとしても感じ方は違うのかもしれない。

だけど・・・試してみようという気持ちにはまだなれない。

レイに何度も聞かれた。

『何でそんなに嫌なの?』

『あの時とても嫌だったから』

試してみたくない理由はそれだけだ。

もし私がレイと二人で会うことが困難な状況で
レイの家族と一緒でしか会えないのならば
きっと試してみようという気持ちになるだろう。

でもそうではない。

レイは私と二人の時間を大切に思ってくれている。
だったらそれだけで十分だよ。
あなたの生活にまで入り込みたいなんて思わない。

でもレイは私に入り込んでほしいのかな。

『いつだってコモチャンと一緒の方が楽しいんだもん』

そんなことあんな可愛い顔して言われたら・・・たまらないよ。

いっそのこと『あたしのこと好きならそれくらい我慢して付き合いなさい』
と指令を出してくれたらいいのに。

コモスケはいつも従順な騎士でいたいんだから。


襷掛けの出で立ちのレイの登場は今しばらくお待ちくださいませ。 
 ↓ ↓ ↓


検証その1

こんなこと書くとまた批判されやしないかという不安は多少あるけれど
検証するにはいろんな材料が必要とのこと(BYレイ)
・・・なので整理する為に書いておこうと思う。


レイはあの三年前の出来事 を読んでも

『やっぱり何がそんなに嫌なのかわからない』と言う。

何度、読んでも『そんなに悪いことをしたと思えない』らしい。

もし自分が同じことをされても何とも思わないからだそうだ。

続きを読む

【BYレイ】成敗宣言

あのおめでたいポジ思考のコモチャンが苦しんでいる。

原因は私だ。

一度縫ってそおっとしておいた傷口を再び開けてと申し出た。

治して上げられるのは私しかいないから。

コモチャンを苦しめるそいつの正体を暴いてやろうじゃないか!

「コモチャンを苦しめる奴は出てこい!レイが成敗してくれる」

レイは襷掛けの出で立ちでそいつに挑もうとしていた。

そして思い出しただけで苦しくなるからと尻込みするコモチャンを
励ましつつ蓋を開けさせたんだ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スキー場のリフトってロマンがあったんですね。
くのいっちゃんのコメントで初めて知りました。
レイは山の上に運んでくれる乗り物としての役割しかわかりませんでした。


レイは女心が全然わかってないみたいです
 ↓ ↓ ↓


検証中

『何が問題なのか検証して書き出してみて』
直属の上司だった頃レイによくそう言われた。

私は問題を発見するのは得意だが、解決策も考えずに
それをそのまんま上司のレイに報告して終わりにようとしていた。
でも彼女はそんな甘くなく解決策まで用意しないとまともに取り上げてくれなかった。

『それじゃあ愚痴レベル』
そう言われるのが悔しくて・・・
いや彼女に褒めてほしくて私は提案の仕方を変えた。

一年後、配置換えで彼女の部下ではなくなる時の最後の飲み会でやっと褒められた。
嬉しかった。
そんなことをふと思い出した。

**********************************************

続きを読む

2006年4月の出来事【本編】

2006年4月、日帰りで春スキーへ出かけた。

レイとレイの配偶者と当時中学生だったレイの息子と4人で。

続きを読む

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。