スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bストーリーは突然に

ひと月ぶりに彼女を抱く。
デート前夜に、その場面を想像した。

きっと明日はお部屋に入るや否や、私はレイを欲しがるだろう。

エアコンや照明の調節もせず、買ったばかりの朝食が冷めるのもかまわずに
レイを欲しがるんだろう。

「もう我慢できないから。お願いちょっとだけ・・・」

「まだそんな気分じゃない」レイを前に私はひざまずいて彼女の身体を貪るのだろう。

そして、こんなにも欲していたことを再確認して、きっと泣く。

その涙の意味はわからないが、今回の凹み期間では一度も泣いてないからね。
きっと、諸々の感情があふれ出てしまうんだろうな。

そんなことを想像していたが、実際は違った。


続きを読む

スポンサーサイト

【BYレイ】ガツガツと召し上がれ

私の身体に触れた瞬間、押さえていた理性の殻が外れたようだった。

いつもなら、幾重にも重なる服地を一つ一つ丁寧に剥がしていくのに、

どうしたの?

やけに今日は急いているんだね。

続きを読む

【BYレイ】マーメイドの誘惑

デートの日の朝、何十もある下着の中から、
その日の気分に相応しい一枚をを選ぶ。

その日選んだのは「マーメイド」と名付けられたサテンの紫色のスリップだ。

胸元は黒いレースで被われ、裾は緩やかなカーブを描き、
後ろに向かっていくほどに裾丈が長くなっている。

人魚姫がニンゲンを誘惑するかのように。

可愛らしいラインとゴージャスな紫がアンバランスに融合。

「大人可愛い」は「エロ可愛い」よりも優雅で気品がある。

一目見て、すぐに惚れ、迷わず購入したものだった。


実はマーメイドは半年前に一度登場している。

「ねぇねぇ、かわい~い?」

洗面所の鏡の前でクルリと回ってポーズを決めた。

ベットに腰掛けていたコモチャンは

「うん、可愛いよっ」と言い、ニコッと笑った。

「ねぇねぇ、かわい~でしょう?」

反対向きにも回ってみる。

「買ったの?うん、レイ可愛~い」

と言いニコッとする。

以上…


いやだ

いやだ、いやだ、

それだけじゃいやだ。

そんなんじゃ足りないんだよ。

もっと賞賛の言葉が欲しかった。

はっと息を飲み、とり憑かれたようにこちらに歩いてきて、

レイの前にひざまづき、

もう我慢できないよ…と言いながら、

むしゃぶりついて欲しかった。

それが「レイ可愛いよ」ニコッ

で終わりにされた。


コモスケ、上等じゃないの。

****************************

続きを読む

【BYレイ】足りない幸せ

幸せが足りないんじゃない、

足りないから幸せということ。


需要(求める)と供給(与える)のバランスがとれていることが優れているとは言い切れない。

欲しくても与えられないと、ますます欲しくなったりする。

限定品や先着○名様で購買意欲を煽ったり、

生産量を制限し、欲しくても買えないという「たまごっち戦略」で話題性を高めたり、

長時間並ばせるドーナツ屋は行列させることで宣伝効果を狙ったりと、

需要と供給をあえてアンバランスにすることは企業戦略としても確立しているように思う。。

物に対してさほど執着はないレイは欲しくても手に入らなければ諦めるし、

行列するほど食べ物に執着はない。

そういえば、付き合えないような人は好きにもならないなあ…(笑)


しかし、IDの時は別だ。

****************************

続きを読む

【BYレイ】騎士の喘ぎを聞かせて

騎士と名乗るのであれば、姫を感じさせるのが役目と思っていた。

あえて品のない表現をすると「イカせてなんぼ」と思ってた。
(本当に品がなくてすみません)

今までは……

****************************

コモチャン自身も「レイを感じさせること」が己の勤めであり喜びであると認識していたと思う。


もちろん、それも否定しない。

熱を帯びた身体をしならせ、

愉悦とも哀願とも悲鳴ともとれない言葉を発しながら、

昇っていくこと……

それはお互いにとって無情の喜びとなる。


服も脱がず、レイからの返礼を受けないコモチャンにとっては腕の爪痕だけが勲章だったんだ。

しかし、あの夏の日からコモちゃんの愛し方が変わった。

****************************

続きを読む

【IDログ】ダイジェスト版

こんばんは。コモスケです。

レイの 『ログまた書いてみようかな』のエントリーには
ご賛同頂きまして誠にありがとうございます。


でも楽しみにしてるレイファンの皆さん、しばしお待ちを!

それは・・・・・・・・

お盆だから。


プリプリ読者の方はお察しかもしれませんが
レイは只今、恒例の帰省中なのであります。

実家ではなかなか一人になる時間もないのに
暇を見つけてはメールしてくれる優しいレイたん

でもね、ログはさすがに書けないから。


ということでコモスケと一緒にレイの帰りを楽しみに待ちませう。

でもただ待ってるのはあまりにさみしいので
以前のログを読んで復習?しながらいい子にしてましょう。


旧プリプリから厳選作品をこちらのカテゴリーにも掲載しました。

オリジナルが読みたい方は旧プリプリの【ログ】カテゴリーへ。

ナイスコメントもあるよ。

エントリー作品はこちら

 ↓ ↓ ↓
 

続きを読む

【BYレイ】IDログは書けなくなったり、書きたくなったり

blogは書きたい事を書く事が基本だと思う。

とはいっても読者の方に嫌悪感を感じさせる内容は極力避けたいとも思う。

もちろん、好き嫌いがあるので読者の方全員に支持されるのは無理だけど、
気分が悪くなるような記事は回避したいと思うのは当然だ。


旧プリプリの頃はIDログを何度か書いたことがある。
その当時の読者の数は本当に少なかったのではないかな?

どれくらいの人が見ているかをカウントできるという事さえ知らなかったから、
読者の事を意識する事もなく思いのまま綴っていた。

また、ドラさんやしなさん初め、当時のblog仲間もIDログ記事が多かったから
疎外感を感じる事もなく気楽に書いた。

コモチャンはレイとのIDが嬉しくて誰かに自慢したかったようだし、
レイもまた、初めて味わった衝撃の感動を誰かに聞いてほしかったんだと思う。

秘密の出来事を文字にするということは恥ずかしくもあり、嬉しくもあった。

特にレイが書くとコモチャンがすごく喜んでくれたから張り切って書いていたように思う。

ところが、ある日を境に書く事を躊躇してしまう。


続きを読む

IDログの後は・・・

レイはIDログを書いて公開した後には、一度も読まないそうだ。

『恥ずかしくて読めるか!』ということらしい。

書いている間が一番、気持ちが高揚すると言う。

一番適切な言葉を選び、並べ、場面を描いていく。

その間、いろいろなことを思い出したり、想像したりするんだろう。


一方、私は何回読んだだろう。

レイが『ブログ出来たよ』と送ってくれる。

もったいなくて、ちゃちゃっとは読めない。

2回は必ず読む。

次の日にも読む。

繰り返し何度も読む。


そして、読む度に・・・・・・・

欲情する。


レイの書いた文章から、その場面を思い出し、想像し

グングンとID指数が上昇する。


レイが欲しい。すごくすごく欲しい。


“興奮の素”をふりかけられた騎士は

今夜も姫のことでいっぱいなまま眠りにつく。


早く・・・レイを抱きたいよ。


デートまであと○日。コモスケファイト! 
↓ ↓ ↓ 

【BYレイ】 興奮の素 快楽の種 ≪後編≫

【BYレイ】 興奮の素 快楽の種 ≪前編≫の続き


「あなたに私を落とせるの?」

目を見開き挑む返す。

私の挑む目は、

わずかに残る理性の証

早くこの邪魔な理性を取り除いてほしい。


彼女は私の後ろにいて、

脇の間から小さな膨らみを捕らえる。

ブラとスリップの上からの愛撫は残酷なほどにもどかしく、

いつまで待っても触って貰えない膨らみの尖端は、


やがて意志を持ち、自己主張するかのように固くなる。


《目の前のご馳走はまず目で味わうのよ。

 時間をかければもっと美味しく召し上がれるわ

 じらされているんじゃない。

 私がじらしているの》


 …と、理性が強がる。

続きを読む

【BYレイ】 興奮の素 快楽の種 ≪前編≫

性的な興奮を抱く要素は人それぞれである。

興奮の素に出会った時、男性であれば身体の一部が明らかに変化するので
自覚することもたやすいが女性の場合はどうなんだろう。

もしかしてそれを認識していない場合もあるのかも知れない。

私の場合、自分の興奮の素に気がついたのはいつからだったのだろう?

もしかすると気が付いても無意識のうちに葬ってしまっていたのかも知れない。

到底、今まで付き合った事のある人(男性)には言えるはずもないことと
思っていたから。

コモチャンと付き合って始めてそれをきちんと認識し、
受け入れてあげたような気がする。


私の場合、例えば性的描写がある小説を読んだ時に、
特定の描写にだけ右脳が熱を帯び、心臓がトクンと鳴り、身体の内側がピクっとなる。

女性のセクシーな写真や画像を見た時に飽きずに凝視してしまうが箇所ある。


フェチと言う言葉でまとめるには余りある。

「アタシ足フェチなの~」

とおおっぴらに公言できるものではない。

性癖という言葉もしっくりこない。
なんとなく不健康で味気ない印象を受ける。

私の性的興奮の素はもっと高貴でエロチックだ。

もっと破廉恥で、もっと秘密めいていて、もっとゾクゾクしてしまう極上の快楽の種。

本能で交尾する動物にはない、イマジネーションだけで感じることができる、
人間にだけ与えられた権利。


私のそれは何かというと

何かというと……………

続きを読む

LOVEトーク

『ねぇ・・・今度のデートはいつ?』

私の愛撫を受けながら、レイが聞く。

『うーん・・・○日かな・・・』

今月のスケージュール表を思い出してちゃんと答える。

『ずいぶん、先だね・・・』

『うん、遠いんだ・・・来週にしようか?』

『・・・・・・・・・・・・・・・・』


このやりとり、実は今日これで・・・

5回めだ。


感じ始めのレイは次のデートが心配になるらしい。

私は今、目の前のレイが官能の世界に行くか否かの瀬戸際なので

次のデートを考える余裕などない。


でもこれはレイが感じてるサインなんだ。


しばらくしてまた聞かれる。

『ねぇコモチャン、月に2回じゃ少ないと思わないの?』

『一緒のお家に帰ったら今夜もずっとしていられるのに・・・』


実際には月2回以上だとお互いに調整が難しいし

そもそも、一緒のお家に帰ることなど望んでいない。


でも・・・これはレイが感じてるサインなんだ。

(だからと言って言葉通り受けてはダメなんだけどね



ピロートーク

と言うとあんまりイメージ良くないけど

ベッドの上だけ交わされるレイとの甘い会話が

私はとっても好きだ。

普段じゃ絶対に聞けない言葉ばかりだから。


私にとってはラブトークなんだ。


だから、レイ・・・・


もっともっと・・・・感じてほしい。





【BYレイ】性欲のメカニズム <正解発表> 

プリプリクイズに沢山のご参加ありがとうございます。

問題の検証と正解を発表致します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

① サンタさんとのんちゃんのラブップリにやられた・・・はずれ

  サンタさんのんちゃんは爽やかにラブラブなんです。

  テーブルの下で足を絡ませたりはしないんです。

  だからレイがのんちゃんのおっ○いを触って爽やかさに水をさしてやりました。
  オッホホホ。

  「勝手に触るなぁ」とサンタさんに怒られたけどね~。へへへ。


②実は当日ノ○パン・ノ○ブラだった・・・・・・・・・・はずれ

  キミはレイが微乳クイーンということを忘れたか。

  実力で勝負できない小さな胸が、小さな胸を痛めているということを知っているか?

  ブラの中のカップと本物のお乳の間に隙間がある哀しみを味わった事があるか??


  覚えておくがいい。

  微乳クイーンは「家ではノ○ブラ」「外ではダブルパット入りブラ」が原則なのだ。


④ 飲み会前にアダルトト○ざラスに行っていた・・・・・・・・はずれ 

   付き合い当初、レイは一度は行って見たかった北関東の「秘宝館」に
   コモチャンと旅の途中で立ち寄った。

   出口付近のアダルトトーイの部屋。

   そこには埃をかぶったやる気のないトーイ団体がいた。

   「男性のためのおもちゃ」という嫌なイメージしか残らず・・・
   
   その日から「二度と行かない」と誓ったのだった。


…ということで、正解はもうお分かりですね。

③付き合って初めてコモチャンが触って来なかった です。
 

それでは正解者の発表です。

続きを読む

【BYレイ】性欲のメカニズム(ファイナルアンサーの会のあと・・・) 後編

【BYレイ】性欲のメカニズム(ファイナルアンサーの会のあと・・・) 前編 の続き


恋人としてのコモチャンは

しつけが出来ている大型犬のように優しい眼差しでじっと見守ってくれたり、

礼儀正しいホストのようにスマートにお酒をサーブしたり、

ベルボーイのように姿勢よく重い荷物を持ってくれたり、

ボディガードのように危険から身を守ってくれたり


しつつ………


いつでも、

どんな時でも、

エロおやじのように、

触ってくる。


それが、

コモチャンだ。


レイに手をパチンと払い避けられても屈せず、

「やっぱり薄着の季節はいいねぇ」

とニコリと笑う。


それが、

コモチャンだ。

続きを読む

【BYレイ】性欲のメカニズム(ファイナルアンサーの会のあと・・・) 前編

コモチャンはレイと比べて断然性欲が強い。

こう言うとコモチャンは否定する。

レイにしか反応しないから「性欲が強い」とは言わないんだって。

フーン…………

相手かまわず「ヤリタイ」欲求が強いというのと一緒にしてほしくないということらしい。

ウーン、確かにコモチャンは巨乳みてもグラビア見てもAV見ても何の反応も示さないなぁ。


・・・・・・・・・・・・・・(考え中)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


うん、わかった。「レイへの性欲のみが強い」にしておこう。


コモチャンはレイに対してのみ性欲が強い。

続きを読む

【BYレイ】あなたは何とお呼びすればいいのでしょうか?

やる……品がないでしょ。

する……まあまあ

襲う……ヤメテ~

S○X……直球すぎて…

営む……僕のお父さんは雑貨店を営んでいます。

交わり……朱に交われば…を思い出す

大人の行為……悪い事みたい

重なる……15点

プレイする……最低

愛し合う……あんまり

エッチする……使わない

メイクラブ……ピンとこない

夜の生活……はっ?

性生活………コメントなし

ハメル………ケリ!

ムフフ……???


その他、各地方の方言


いまだにピッタリのワードが見つからない。


「ID」は便宜的に使用している記号だからその言葉自体にエロスはない。


官能的でありながら品格がある「高級なエロス感」をもつ言葉を探している。

もう何十年も。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

隠れダンジョンに入る。
 ↓ ↓ ↓

 

続きを読む

【BYレイ】濡れたパンツのオトシマエ

レイは


触られて〔あっ…〕

見られて〔いやっ…〕

入れられて〔うぅ…〕

結わかれて〔えっ?…〕

舐められて〔おぉぉ…〕


となるタイプだ。

コモチャンのイカシた愛撫に

母音の発声が頻繁になり

身体のどこもかしこも水浸しになる。


ここまではいい。


続きを読む

【BYレイ】 鳥取砂丘とバイオリン

2008-05-23


以前にもコモチャンが記事に書いたが、レイはID中に旅に出かける事がある。
それはキャンペーン中に限られるので昂揚のバロメータになっているのかも知れない。

先日のデートでも見知らぬ風景が現れた。



急に身体が熱くなる。

首筋から汗が伝う。

BGMが聞こえなくなる。

何かを掴んでないとバランスが取れない。

腰が浮く。

声のトーンが変わる。

昇り切った身体は降りる事を忘れた。


その時、つぶった瞼に見た事のない景色が現れる。

砂丘だ‥‥


「‥‥‥コモチャン、鳥取砂丘に行った事ある?」

大きな声で叫ぶように尋ねた。


果てしなく続く砂丘の先に砂丘の色よりほんの少しだけ濃い色した海が

池のように小さく見える。


「鳥取砂丘?行った事ないよ!レイは?」

平静を保ちながらも多分笑いを堪えたコモチャンが応える。

「レイもない!」

行った事がないくせに初めて訪れる場所に来れた喜びのせいか少しいばって言う。


そのうち‥


砂丘にバイオリンが横たわっている光景が見える。


「コモチャン、レイは楽器になったの。弾いてみて!」

「何の楽器?」

「くびれがあるからバイオリン」


こんなレイの戯言にもコモチャンは楽しそうに付き合ってくれる。


素敵な旅をありがとう。

コモチャンの情熱と短く切り揃えた爪のおかげよ。


でもね~とても残念なのは、レイが旅する時、いつもコモチャンは一緒じゃないってことなの。
こ~んなにも頑張っているのに留守番隊なんてコモチャンかわいそう‥テヘッ!



◆追記◆
この記事を書いていて気がついた。あ~この光景は「ケッヘル」の冒頭だ。
中山可穂さんの小説の中でレイが1番好きな「ケッヘル」の中に出てくる
第一章の1「海辺の指揮者」だ。

あちらはフランスの海辺の街で鳥取砂丘じゃないけれど。




レイからのメール

デートの日の夜。レイから届いたメール。
タイトルは『思い出した話』

レイは何を思い出したんだろう。
楽しみなキモチで本文を読み始める。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

素敵。すごく素敵。素晴らしい表現力。
その言葉は一つもないのにすごくいやらしくて・・・
想像力をかきたてる文章。

私一人が読むのではもったいない。皆さんにも読んで頂きたい!
(ちゃんとレイの了解はとりました。)

読んだ後、私がまた欲情してしまったことは言うまでもありません。
皆さんは・・・いかがでしょうか。




>あなたの舌が生き物のようにまるで自ら意志を持っているかのように湿地帯の入りこむ。

 入り組んだ道や裏道や砦の周りや洞窟の入口をはいずり回る。

 舌を立て舌を寝かせどんなところにも入りこむ。
 
 くちびるで挟みくちびるをすぼめくちびるを震わせる。

 行ってしまったと思ったら戻ってくる。

 現れたと思ったら消えてしまう。
 
 息を吹き掛けたと思ったら優しく吸い上げる。

 計算しつくされた気まぐれは予測できない。

 剥き出しにされたそこを見られ拡げられまた見られる。

 もう逃げられない。






【BYレイ】 愛知県にイク?

2007-10-18


【まえがき】BYコモ

レイは旅が好きだ。
初めての場所にはなかなか慣れない「場所見知り」だったりするのに
行ったことのない土地に旅するのは好きらしい。

レイはメイクラブの時にもよくどこかに旅に出る。
一人なのか私も一緒なのかはよくわからない。
いろんな情景が頭に浮かんでくるらしい。

今回はそんなレイが【IDログ】を書いてくれた。


***************************


生まれた土地ではない。

育った場所でもない。

親戚も友達もいない。

旅行でさえ行った事がない。


それなのになぜ愛知県?


コモチャンとのMakeLove。


コモチャンの前であられもない姿を晒す。


身体は熱くなり溶けていく。


細く長い声はどこまでも続き息を吸う事さえ忘れている。


喘ぎ悶えながら、のけ反った裸体に汗がまとわりつく。


知性も理性もしがらみも全て脱ぎ私は雌になる。。



そして、ついにその時を迎えた。


「愛知県」


とぎれとぎれの声で叫ぶ。


コモ「……愛知県?」

戸惑いながらコモチャンは復唱する。


レイ「そう愛知県」


コモ「名古屋?」


レイ「違うの、愛知県なの」

半分キレ気味に叫ぶ。



鼓動がおさまった後に考える。

なぜ愛知県なんだろう?

未だにわからない。

オチも答えもない記事でごめんなさい。


***************************

 ちなみにこの日のレイは『愛知県』の前に・・・

 靖国神社(桜満開の時期に一緒に行った)
 海底(ねずみシーの海底○万マイルらしい)
 さらにはアジアンリゾートにも旅していた。

 それと・・・この旅のお話は前々回のデートの時のことで毎回ってわけではないらしい。
 前回のデート記事で私が「残念な結果に終わってしまった」と言っていたのは
 レイが旅に行けなかった・・・ってことなんだ。
 やっぱりBGMがよくなかったのかな。ショボン。 





【BYレイ】 聖夜のイチゴ

2007-12-24


コモチャンはあたしの事をレイと呼ぶ。


レイはどう思う?

レイはどっちがいい?

レイこっちに来て。

レイこれ食べる?



レイ眠くなっちゃったの?

レイかわいい。

レイ綺麗だよ。

レイ愛してる。



レイその手をどけて。

レイ恥ずかしいの?

レイもっとよく見せて。

レイ腰が動いているよ。

レイほら、お尻のほうまで…

レイ素敵だよ。

レイ…レイ…レイ…


だけどその日は違った。



両手の自由が奪われ視界も遮られたあたしはいきなりキャミソールの間から手を入れられた。

尖端のイチゴをよけながらその回りだけを執拗にいじられる。

もどかしさが限界に近付く手前でご褒美のようにイチゴにカリッと触れる。

熱い息がもれる。

けれどご褒美のオカワリは貰えない。

もう一つの手は腰から下へ延び、またすぐに上にはい上がってくる。

幸せな苛立ちにとうとう腰が動き始める。


「レイチャンっていやらしいね」


いつものデレデレしたコモチャンの声ではない。

レイチャンって…?

レイチャンって…なに?


呼び捨てよりも優しい響き

でも他人行儀で距離を置いた響き


年上のあたしを手中におさめたような生意気な響き

でも敬意が感じられる響き


いつもと違う呼ばれかた


たったそれだけのことで


姫は淫乱なメスになった。


指先でもてあそばれてたイチゴは更に熟し、食べられるのを待ち焦がれている。

そして内側でこらえていた熱い蜜は我慢できずに溢れ出していった。


Merry Christmas






【BYレイ】 隊員1号の報告

2007-09-06



覗かれる

ショーツの間から



見られる

ただ無言で



見つめられる

指で拡げられながら



見られるだけで

そこが熱を帯びる。


見られるだけで

そこが潤う。



コモチャンの目が優しい剣となり鋭くそこを射る。



熱い舌の訪れを大人しく待っていたそこも、


あまりの到来の遅さに震え出す。



恥ずかしさともどかしさが交錯する。



「見られている」


そう思うだけで


瞼の裏で小さな花火が上がった。






アダルト・トイ○らス!?

そう!ID(メイクラブ)グッズのお店の事。
最近じゃあ量販店なんかでも、オープンな感じで売ってるけどやっぱり専門店?の方が
いいような気がする。通販もいっぱいあるからいくらでも手に入るんだけど、私が
ショップにこだわるのはやっぱり見て触って確認したいから。
通販で洋服買うとビミョーに色が違ったり肌触りが悪くて安っぽかったりするじゃん。
だから信用ならない。見た目も大事だけど、洋服よりもサイズとか質感ってかなり重要だし。

そのお店はネットで見つけた。『女性の為の』がウリで、家からもそんなに遠くない
○○寺ってところにある。

続きを読む

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。