スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オトナの贅沢な遊びで初体験

オトナの贅沢な遊び

ウルトラマラソンのことをそう言ってた人がいた。

確かに。
普通に考えたらどうかしてる。

高いエントリー料払ってまで半日以上も苦しみ続けたいって。

飲みに行くなら何回行ける?
映画なら何本観られる?
ねずみの国に行ってもおつりが来るね。
2人分のディナーでもかなりいいとこに行けそうだ。

でもそれよりもっと深い感動、いや感動なんて言葉じゃ表せない
何かを得られることを信じて、スタートラインに立ったんだ。

今年も2人でスタートラインを踏んだよ。
今年こそ2人並んでここへ帰ってきてテープを切ろうと誓って。

でもね、ウルトラマンにはなれなかった。

私は第二関門を通過できずDNF
レイは第三関門でDNF
(詳しいことは今後のレイブログとあっちのブログでね)

レイと二人で走り始めてまる三年。
10K、ハーフ、フル、ウルトラ72Kとすべて完走してきた。
DNFは初体験。二人で一緒に初体験しちゃった。

辛いね。悔しいね。
DNFがこんなに悔しいなんて。
14時間苦しみ続けられなかったことがこんなに悔しいなんて。
ちょっとすぐに次には行けないな~なんて思ってた。

*********************

一夜明けて、フルより短い距離しか走ってない私はたいしたダメージもない。
あ、脚は相変わらず故障っぽく痛いけどね。

レイと会ってマッサージしつつおしゃべりしてると
昨日、あんなに泣いてたレイが「次、エントリーしよ」と。

暑いのと上り坂があんなにイヤだと言ってたレイが
9月の坂道いっぱいのウルトラでもいいと。マジっすか?(笑)

私も元気出た。脚をちゃんと治してまたガシガシ練習する。
来年か再来年かわからないけど、リベンジする。

レイと一緒にウルトラマンになるよ。
待ってろ、富士五湖。
また、この景色一緒に観られますように。

スタート2分前のMt FUJI

蜀咏悄_convert_20150421002437

【追記】
もしかしてだけど・・・マラソンの神様は
ワタシが「100K完走出来たらこの先どうしよう」と言ってたのを聞いて
「それなら二人とも、もう一年楽しませて(苦しませて?)やるよ」って
今回は完走させてくれなかったのかもね。相変わらずおめでたい(笑)
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト

【BYレイ】静岡マラソン2015その1

大会当日、コモちゃんに迎えにきてもらったのは午前3時だったかしら。
ゴール地点の清水に到着して、そこからスタート地点の静岡までは電車に乗る。

天気予報は、私の不安な気持ちとドンピシャの雨100%って‥
天気予報のばかぁ。

コモちゃんと一緒にスタート地点に立つ。

そうそう、写真は一枚も撮ってないの。
だって写真撮るような浮かれた気分じゃないんだもの。

最後まで諦めずに走りたいと思っていても、救護車や車椅子のお世話になるのは違うと思うの。
市民ランナーならちゃんと自分の脚で帰らなきゃでしょ。
あらやだ、私ったら、コモちゃんの運転で帰るんだったわ。

とにかく、どんな結果になっても走ったことに後悔しないとだけ心に誓ったわ。

この日のランスタイルは、透明なカッパを羽織り、てるてる坊主スタイルでバシッとキメたの。
まあ、周りも全員がてるてる坊主だから個性が出せなかった事が反省点ね。
右脚には7枚のテーピング。

制限時間は5時間半だから歩いたらおしまいよ。

脚よ、さあ頼んだわよ。
今まで楽させてやったでしょ。
今日位は脚の根性見せなさいよね。

ドキドキ‥
スタートゲートをくぐる。

あとで順位を見たら女子1100人のうち、590位だったから真ん中辺でスタートしたみたい。
ちなみに男子は9000人位だから女子率低いわー。

ありゃ、3秒でコモちゃんが視界から消えちゃったわ。
脚は安定の違和感だけど、なんとか走れる。遅いなりにね。

あらかじめ申告した予想タイムは、覚えてないけど、そーねー、
4時間10分くらいだったかしらね。

あたしゃいつも遠慮気味に申告するけど、4時間一桁を獲れると思っていたわ。
故障する前まではね。

もちろんそんなタイムなんて狙えないわよ。
とにかく今日は制限時間内にゴールにたどり着くことが目標なんだから。

それにしても‥
右から左から、抜かれるわねー。

コースは駿府城の周りをぐるぐる回って、市街地に入るの。
スピードは6:30/キロだったと思うわ。

5キロ通過690位。
てへっ、女子100人に抜かれちゃってる。

すれ違ったコモちゃんにエールを送る。
うん、コモちゃんはしっかり走れてる。

私の方が遅いのは初めての経験。
でも悔しい気持ちは全くない。
むしろ清々しいの。
私自身はダメでも、コモちゃんを心から応援出来る自分を讃える。

10キロ過ぎた頃だったかしら。
まだ序盤なのに、走れている自分に感動してね、
雨だか汗だか涙だかわからないけど、目の前が洪水になっちゃったわよ。
お約束のトイレに行くと、更に抜かれ、この辺りは730位と最低順位を更新よ。

15キロ位で、静岡出身の勝俣さん発見。
地元のテレビがずっと追ってたみたい。
ストレッチしながら、カメラに向かって、
『いやぁー、ストレッチしないと後で大変な事になっちゃうんですよー』って言ってるの聞こえたわ。

20キロ位のエイドでもう一度トイレに行く。
ここはおでんエイドがあったけど10人位行列ができていたから諦めたわ。

あ、うそ。
行列ができてなくても、フルの時は固形物は食べないんだった。
食べるとね、オエッって吐き気がしちゃうのよ。

私のお腹ん中にいる細胞達、いつもは元気に消化活動をしてくれてんだけどさ、
マラソンになると、脚チームの応援にいくのか、手薄になるのよね。
そんな時は残った子達が頑張ればいいんだけど、この子達、サボるのよ。

きっと脚チームの助っ人に入ったリーダーがいないのをいいことに、のんびりと寝っ転がっているんだわ。
全く、躾がなってないわね。
なので、そのせいで、胃酸過多なのか吐き気がしちゃう。

そりゃ苦しいわよ。
その上、胃腸がやられると、脳に指令が入って、走るのを止めさせようとするのよ。
ホントに、油断も隙もないってもんだわ。
ま、そんな経験から、固形物はとらないの。

ハーフの通過が2時間19分
7回目のフルで一番遅いタイムを見て、ガッカリの気持ちと
そこそこ走れてることに安堵した気持ちと、
まあ、なんとも複雑な想いだったわね。

久能海岸に入ると、雨がどんどん強くなってきてね、
夏の雨はシャワーランなんて呼ばれてて、涼感を得られるから有り難みがあるの。

それに比べて、冬の雨ってどうなの?
そもそも冬に雨は必要なのかしらねー。
冬は冬らしく、どうせ降るなら雪にしとけって話よ。
まあ、マラソン大会で雪が降ったらそれはそれで文句言わせてもらうんだけどね。

あらやだ、ボヤいている間に太平洋の海がドッカーンと見えてきたわよ。
えとー、どれどれ、確かパンフレットだと、青い海の先には富士山が見えるはずなんだけど‥

あちゃー。
悲しいことに、一面が灰色よ。
空だか海だかわかんない。

富士山にナイスミーチューの挨拶も出来ないじゃない?
で、前に目を向ければビニールのカッパを着たランナー軍団でしょ。
あはは、なんだか海から上がってきた海坊主みたいなの。
海坊主軍団がゾロゾロと走る絵はそりゃもう圧巻よ。
私もその中の一人ってことが、恥ずかしくもあり、誇らしくもあり。

そして、30キロ地点。
ようやくずっと探していた人に会えた。

続く

てか、誰かわかるわよねー。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

【BYレイ】つくばマラソン2014 レースレポ2(終)

【BYレイ】つくばマラソン2014 レースレポ1 の続き

35キロ過ぎ、ラップは6分を少し超えたが、3時間29分と「松」が近づいてくる。

そうそう、その調子!

レリゴー、レリゴー。

ありのままで いいぞ。

勝てない相手はもういない。

(実際はいっぱいいるけど)

大学構内に入る頃になると、日が陰り気温が急激に下がりだす。

でも、 「♪すこーしも寒くないわ」

ところが、それは、前触れもなく、いきなりやってきた。

本当に突然のことだった。

「♪ヨーでる ヨーでる ヨーでる ヨーデでる ようかいでるけん でられんけん」

なんと、

35キロ過ぎの壁ドンに、

妖怪ウォッチが潜んでいたんだ。

胃がムカムカし、吐き気がする。

再びお腹PPもきた。

そして、脚が攣りそうだ。

そんな妖怪の、お・も・て・な・し

集団的自衛権を行使するも、

たちまち妖怪に取り憑かれ、ペースが落ちる。

♪ウォッチ 今何時?

一大事


次の給水ポイントで、危険ドラック(ジェル)を摂るも、ペースは戻らず、6:30まで落ちてしまった。

38キロ地点

この時点で「松」を獲れる確率は、ハーフアンドハーフ

もう、体力の限界

「竹」でもいいじゃないかと、下方修正するか。

ダメよー、ダメダメ。

♪ウォッチ 今何時?

つれーぜ マジ


吐き気とお腹PPと足攣り妖怪を背負いながら、おもーい身体を引きずりながら、

それでも、歩きはせず、最後まで走りきった。

ゴールタイムは4時間16分

「松」を逃し、

号泣会見となった。

著者 ゴーストライター

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

これが今の私の実力。

悔いはない。

ただ…

一つ、心残りがあるとすれば、

「STAP細胞はあります!」

これが記事に入れられなかったことだ。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

【BYレイ】つくばマラソン2014 レースレポ1

つくばマラソンの目標

「松」サブ415(4時間15分を切るタイム)
「竹」4時間15分~4時間19分
「梅」4時間20分

**************************************************

悲しい時―
悲しい時―

つくばマラソンの更衣室で、yurenikui(ボトル&ポーチ)がないことに気が付いた時―
つくばマラソンの更衣室で、yurenikui(ボトル&ポーチ)がないことに気が付いた時―

悲しい時―
悲しい時―

慌てて買いにいったポーチが、2014年大阪マラソンの売れ残りモノだと気が付いた時―
慌てて買いにいったポーチが、2014年大阪マラソンの売れ残りモノだと気が付いた時―


悲しい時―
悲しい時―

スタートブロックにゴミ箱がなく、ゴミ袋を持ったままスタートラインを踏んだ時―
スタートブロックにゴミ箱がなく、ゴミ袋を持ったままスタートラインを踏んだ時―

悲しい時―
悲しい時―

ゴミ収集車を追いかけるお母さんのように、走っても走ってもゴミ箱がなかった時―
ゴミ収集車を追いかけるお母さんのように、走っても走ってもゴミ箱がなかった時―

悲しい時―
悲しい時―

結局、ゴミ袋を持ったまま4キロも走ってしまい、「あっこれは、去年と同じ光景だ」と気が付いた時―
結局、ゴミ袋を持ったまま4キロも走ってしまい、「あっこれは、去年と同じ光景だ」と気が付いた時―

悲しい時―
悲しい時―

気温がグングン上がって、最初の給水ポイントから、首筋に水をかけるほど体温が上がってしまった時―
気温がグングン上がって、最初の給水ポイントから、首筋に水をかけるほど体温が上がってしまった時―

悲しい時―
悲しい時―

首筋にかけた水が胸に伝って、おっ○いがビショビショになった時―
首筋にかけた水が胸に伝って、おっ○いがビショビショになった時―

悲しい時―
悲しい時―

次の給水ポイントでコップ二杯の水を頭からかけたら、
シューズの中に入ってしまい、靴下もビショビショになった時―
次の給水ポイントでコップ二杯の水を頭からかけたら、
シューズの中に入ってしまい、靴下もビショビショになった時―

悲しい時―
悲しい時―

15キロのポイントで、まさかのお腹PPになってしまい、「ストッパ」を飲む羽目になった時―
15キロのポイントで、まさかのお腹PPになってしまい、「ストッパ」を飲む羽目になった時―

悲しい時―
悲しい時―

数分間、祈ってみたが「ストッパ」が効いてないと気付いた時―
数分間、祈ってみたが「ストッパ」が効いてないと気付いた時―

悲しい時―
悲しい時―

19キロポイントのトイレに駆け込んでみたが・・・・・ナニモデナカッタトキー
19キロポイントのトイレに駆け込んでみたが・・・・・ナニモデナカッタトキー

悲しい時―
悲しい時―

お日様がガンガン照らす田んぼ道に、人っ子一人いなかった時―
お日様がガンガン照らす田んぼ道に、人っ子一人いなかった時―

嬉しい時―
嬉しい時―

20キロの折り返し5分でコモチャンに会い、『「松」獲るよっ』と声をかけた時―
20キロの折り返し5分でコモチャンに会い、『「松」獲るよっ』と声をかけた時―

嬉しい時―
嬉しい時―

30キロ通過で2時間58分、35キロ地点で3時間29分と「松ペース」で走れていた時―
30キロ通過で2時間58分、35キロ地点で3時間29分と「松ペース」で走れていた時―

悲しい時―
悲しい時―

この後に起こる悲劇を知らなかった時―
この後に起こる悲劇を知らなかった時―

つづく
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

【BYレイ】 昭和歌謡de湘南国際マラソン

「42.195キロは、タクシーに乗ったら16000円かかりまーす!」

スタートラインで徳光さんが叫んでいる。
IMG_0867.jpg


徳光さんの隣では、千葉真子さんが高音ボイスで「熱中症に注意してくださいねー」と声高に叫んでいる。

千葉ちゃん、可愛い。

♪ジで恋する5秒前

コモちゃんと一緒にスタートラインを踏んだ。

✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

とにかく心配なのはお天気だった。

1週間前から、1日何度も天気予報をチェック。
雲時々雨の予報が3日前には晴に変わる。

ガーン( ̄◇ ̄;)
私、暑いの弱いのよ。

スタート時の気温はすでに19度。
最高気温は22度だってよ。

やだなー、16000円払った方が良かったなー。
…って、私、タクシー乗ってどこ行くんだ?

フルだけで、18000人が走る湘南国際マラソン。
他にも、10キロ、ハーフ、車椅子なんかがあるから、会場は大混雑。

9時の号砲から約15分でスタートラインを踏んだ。

スタート直後はノロノロで、1キロラップは6:30で入った。
コモちゃんが作ってくれたラップ表は、5キロまでのペースがキロ6:15。

ゆっくりペースだが、今までの経験から、最初は飛ばさない方がいいという判断だと思う。

うん、同感。

先は長い。

♪時の流れに身を任せ、あなたの色に染まって〜

と、人の流れに乗る。

体感的には80%位かな。

6キロから20キロまでのペースは、ペース表だと少し上がりキロ6分。
5:55〜6:05の間になるようにスピードをコントロール。

この区間が一番スピードに乗れるのだが、速くなりすぎないようやに都度ガーミンをチェック。

あれ?
なんか、オッパイの辺りが変だぞ。

と、思ったら、なんと
胸のゼッケンが剥がれ、カタチチが出てる。
(タンクトップ着てるけど)

あちゃー。
私、ゼッケンの下にジェルを両面テープで貼り付けているの。
そのジェルの重さでゼッケンの紙が安全ピンを突き抜けちゃったみたい。
ゼッケンはかなり上に付けているから、自分からは見えない。

しもたー。
やってもーたー。
私、走りながらゼッケンをつけ直す練習はしてなかったわー。
何度も指にチクっとしながら、なんとか安全ピンを留め直す。

ホッとするのもつかの間、
あれ?また、カタチチ出ちゃった。
もう一度つけ直す。

と、また…
またまたつけ直す。

4回繰り返したら、
段々上手くなった。
えらいぞ、レイたん。
やれば出来る子。

で、
今日は、いったい、
なんの大会だよ。

19キロの折り返し地点までは、ペースを守り淡々進む。
このコース、コモちゃんとすれ違うのは二箇所ある。
ちょうど、エイドから出てきたところでコモちゃんに声をかけてもらう。

♪お久しぶりね、あなたに会うなんて。

コモちゃんに会うとホッとするよ。10分ちょっとの差かな。
20キロ通過タイムは、2時間1分台と、ペース表ピッタリ。

しかし体感的には90%、

そろそろ体力の貯金がなくなってきた。
願わくば、

♪どうぞこのまま

このペースを保ちたい。

すると、イケケツ発見!
よし、この人をペーサーにさせてもらおう。

♪ I will follow you あなたについていきたい

と、

♪追いかけてヨコハマ

だったが、所詮は、

♪パッパッパパッパ 他人の関係

やがてペースが合わなくなる。

しょうがない。別の人を探そう。

♪ここかと思えばまたまたあちら浮気な人ね。

と、浮気を繰り返しながら走る。

30キロ通過。

♪今、なんじ? そーね、だいたいねー。

3時間1分台後半
あちゃー、ペース表より、遅くなっちゃった。
その上、体力の貯金も全部使い潰した。

30キロ過ぎからがマラソン。
ここからは、魂で走るしかない。

♪まだ間に合う、慌てないで、落ち着いていけー

と、その時、道路に煙が充満し焦げ臭い匂いが…

な、なんだ?
すると、サイレン付けた消防車が…

本物の火事だった。
おでん屋さんから火が出たとか。

♪メラメラ燃える火をくぐりー

咳込みながらなんとか通過。

怪我人が出ないことを

♪私、祈ってます

ここに来て心配していた事が起こった。

♪ミスターサマータイム

時間は正午過ぎ、
暑い、メッチャ暑いんだ。

マラソン大会で21度はしんどい。
おまけに胃痛も始まり、吐き気も感じるようになっていく。

♪困っちゃうな

でも、

♪負けないで、もう少し

うん、頑張る。

しかし、さっきから喉の渇きが、

♪どうにも止まらない

エイドでは水を三杯も飲み、首筋にかける。
私設エイドでは、コーラを三回もいただく。

湘南の海は
IMG_0860.jpg

♪キラキラ

輝く。

ゴールまでは、

♪あーあー、果てしないー

キロ6分を保つ事が出来ず、

40キロ地点は、4時間7分

自己ベストには絶望的なタイムだが、

♪夏をあきらめて

やがて、最終エイドに到着。

私には、ここでやりたいことがあった。

が、アレをするってどうなんだ?

まだ一度もやったことはないが…
見た目にアレだから、女性はあまりやってるのを見たことがない。
(コモちゃんはいつもやるらしいが)

もう、私の身体は限界だ。

しのごの言ってられない。

♪やっちゃいな、やっちゃいな、やりたくなったらやっちゃいな。

エイドの水を頭からぶっかけた。
一度、二度…

続いて後頭部にも、

♪狙いうち

ふー、体温が下がっていく。

ゴールまであと2キロ
コモちゃんとの二回目のすれ違い区間があるはず。
だが、なかなか現れない。

ラスト500メートル地点で、
『レイちゃん』
と、声がする。

♪私のハートはストップモーション

『エイドでは、頭から水かぶってー』

と、言ったら

『そんなの、もうやってるよぉ』

と、元気な声が返ってくる。

良かった、コモちゃんも頑張ってる。

一瞬の逢瀬で、すぐに見えなくなったが、

♪別れても好きな人

最後の檄坂を

♪女の意地

で駆け上がりゴール。

♪あばよ。

湘南。

IMG_0859.jpg

4時間22分で自己ベストならず。

♪つぐない
IMG_0861.jpg


おわり

昭和歌謡全部分かった人いるかなー
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

アクアラインマラソンの思い出(コモバージョン)

ちょうど一週間前、今シーズン初のレース
「ちばアクアラインマラソン」を走った。
レイと一緒に。

あ、もちろん走る時は別々よ。
私達は仲良しだけど、レースはもちろん練習も別々なのだ。

でもね、レース選びから、ペース設定や補給作戦やら
行き帰りはもちろん、数日間はレースの思い出話だったり
反省会だったり、シーズン通してずっと一緒でラブなのだ。
だから、山と一緒でランニングネタも「ラブブログ」に書くお話。

キロ○分でつっこんだとか、どのシューズを履いたとかは
あっちに書いてあるから興味にある人はいってみてねー。

今回、一番の思い出は普段走れないアクアラインを走ったとか
ETCゲートを通ったとか、地元の方の応援がすごかったとかはもちろんだけど
レイのおにぎりなのだ。

山に行く時には何度か作ってくれたのを食べたことがあるけれど
今回、レース前の朝ご飯としていただきました。
前日に一緒にしゃけとか大葉とか買い物してね、楽しかったな~。

で、朝、ほんのりあったかいおにぎりを食べたときは幸せだったわー。
おにぎりの他に、コモスケのリクエスト定番のから揚げと玉子焼きもだよー。
今まで、レースの時は朝も早いし、コンビニおにぎりが定番だったんだけど
そりゃあ、レイの手作りとありゃあ「スーパーミラクル元気玉」
おかげで、暑さにもマケズ、坂にもマケズ、いい走りができたのさ。
早起きして作ってくれて、ありがとう。

レースの後はふるまいサービスの具無しおにぎりだったけど
お味噌汁とレイのたまごやきで、アクアラインを見ながら
「あの道、行って帰ってきたんだね~」なんて言いながら食べたんだ。
あーこういう時間が幸せだ。

ハーフだったからまだお日様サンサンだったけど
フルだったらきっと夕暮れを一緒に見られたよね。
去年のつくばマラソンの帰りに見た夕焼けを思い出して
ちょっと胸がキュンとした。

ただのラン友とだったから、こんな気持ちにはならないだろうし
マラソンで、こんなに多くの感動を得ることもないだろう。

山シーズンが終わってマラソンシーズン。
来春までいくつかエントリーしているレースはすべて一緒だ。
(だって、抽選レースは全部ペアエントリーにしてもらってるので
当たるのもハズレるのも一緒なのだ~えへっ)

いつも一緒。ずっと一緒だもんね。
レースが終わって緊張感から放たれ
アスリートモードが、カチャっとハズレた時に
一緒にいてくれるのがレイでよかった。

帰路の高速バスでアクアラインを通過しながら改めて思った。
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

続きを読む

【BYレイ】熱いぜ、千葉県 ちばアクアラインマラソン2014

マラソン大会のエントリーには、先着順と、抽選の二つの種類がある。
人気の都市型大会は、ほぼ抽選。

今年のコモレイの結果はというと、
東京に振られ、
大阪にも、神戸にも振られ、
更に、横浜にも、福岡にも振られた。

そんな私たちを救ってくれたのは、
千葉県だった。

ちばアクアラインマラソンは一昨年前に第1回目が開催され、今年は第2回目となる。
一昨年は、暑さとタフなコースで、フルマラソンは完走率74%という低さ。

私たちは、迷わず今年から加わったハーフマラソンの方にエントリー。
こちらは、制限時間3時間と少しゆとりがある。

ハーフで8000円という高額エントリー料でありながら、
倍率5倍という難関を突破して獲得したプラチナチケット。

コースは、木更津の潮浜公園をスタート、アクアラインの高速を走り、海ほたるで折り返す。
ハーフのゴールは三井アウトレットパークだ。
フルマラソンの方は、ここからぐるりと山間部を回って木更津市役所がゴールだ。

続きを読む

【BYレイ】Story of My Life

2012年2月

「国立競技場のトラックと外周、1.4キロ走ってみない?」

この言葉から私たちの人生はかわった。

2014年4月20日

私たちは、チャレンジ富士五湖72キロに挑戦した。

そして、

1.4キロの52倍の72.8キロを走り切った。


たった3年…いや、2年で人生は変わる。

iPodで聞いていた曲はもちろんこの曲。

Story of My Life




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ゴール直前は、きっと号泣するかと思っていたが、

もう、涙を流すエネルギーも残されてなかった。

ゴール後に、両手で受け止めてくれたコモチャンの胸の中で、

私は初めて声を出して泣いていた。

___convert_20140421235750.jpg
 ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓

【BYレイ】応援レポ 『渋谷・表参道Women’s Run』

いい?

よく聞いて。

大会の名前がだよ。

『渋谷・表参道Women’s Run』って、まず、大会の名前でドキューンってこない?

『渋谷表参道』ってだけで、東京都下に住むモンにとってはクラクラなのに、
そこに『ウィメンズ』がついてくるんだもん。

一つだけでもありがたいのに、二つが合わさるんだよ。

このスペシャル感、ドキドキするわー。

華やかなウエアをまとったランナーが封鎖された公園通りを駆け抜けるんだ。

緑あふれる明治神宮の境内は、年に一度、ランナーのために解放されるという。

いいじゃないか、いいじゃないか。

加えて、長谷川理恵さんがスターターだったり、
R2の3期生のコンテストが行われたりと、曇り空を打ち消す華やかさ。

そんな中、優雅に登場してきたのは、出走する部長のエモさんとはっちゃん。

リンちゃんもエントリーしてたけど、自称『最強のくじ運ないオンナ』の宣言通り落選だったんだよ。

続きを読む

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ(ラスト)

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)
【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)②
【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)③
【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)④
の続き

*******************************

いたっちの、上がった息が伝わってくる。

スタートから応援していると、一緒に走ってるような気がしてくるよ。

それぞれが、思い思いの言葉でいたっちにエールを送った。

ちょうどこの時、もう一人の応援団員が合流した。

今まで、浅草地点で応援していたこの方は、いたっちのご親戚関係の方。

プリプリとは何の関係もない。

もちろん、私たちとも初対面だ。

いたっちがアニキと慕うその方は、

アニキという名のオトコマエな♀だ。

タチ振る舞いも堂々のアニキだ。

マツコとアニキとL仲間。

イマイチ統一感ないけど(笑)地下鉄に乗り、最後の応援ポイントへ。


ゴール方面のベイエリアへは、三つの大きな橋を渡る。

地下鉄を月島で降り、37キロ地点でいたっちを待つ。

佃大橋を過ぎたあたりか、

疲労が貯まった身体にアップダウンのある橋はキツイだろう。

その上、急に気温も上がってきたようで、ダウンやマフラーが邪魔になってきた。


私はペースから到着時間を予測するのが上手い。

『あと、6分で到着する』

と、独り言のようにつぶやく。

『来たよー、いたっちが来たー』

私の目は何百人ものランナーの中にいるいたっちにピタッとピントが合った。

お日様を後ろに従え、一歩一歩確実に近づいてくる。

『ナイスファイトー』

『あと少しー』

みんなが口々に何か言っている。

私はこっそりコモチャンを見た。

続きを読む

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)④

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)
【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)②
【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)③
の続き

********************************

第5の応援ポイントは、30キロ地点の日本橋。

ここで、浅草雷門から折り返してくるランナーを待ち構えるのだ。

そして、ついに最強の応援レディが合流した。

IMG_7153[1]

(ゆりかもめに乗るマツコ、迂闊にも応援してるマツコの写真撮り忘れ)

物言わぬも、マツコの迫力は圧巻だ。

沿道沿いを走るランナーはもちろん、中央を走っているランナーまでが、

マツコを見つけて駆け寄ってくる。

ランナーって走りながらも、色々なものが目に飛び込んでくるんだ。

「ファンです」

と、握手を迫られたり、

「私は七つ星の方が好き」

と、声をかけてもらったり、

「写真撮らせてくださーい」

「一緒に写真撮ってもらっていいですかー?」

と、マツコに惹きつけられるように、

ランナーが近寄ってくる、くる。

隣のガチャピンが、『全部持っていかれたわー』

と、ぼやくぼやく。

仮装していない、ただの人の私たちが集まっても

一人のマツコに負ける負ける。

さすが、「デラックス」だけのことはある。

続きを読む

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)③

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)
【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)② の続き

********************************

東京マラソン応援記の途中で、名古屋ウィメンズが入り、
名古屋の記事を上げましたが、またまた東京に戻りまーす。

いたっちを見送った私たちは、最初の応援ポイントに向かう。
スタートから2キロ地点の靖国通りのビルの前で待機。
普段は車がビュンビュン行きかう街が、ランナーのために封鎖されている光景に、
胸がクゥーっとなる。

目の前を通り過ぎる高速ランナーや仮装したランナーを見ながら、
私は、初めていたっちと出会った時のことを思い出していた。

実は私たちが立っているこの場所は、初めていたっちと会ったお店のビルがある場所なんだ。
応援ポイントにも意味を持たせるのはコモチャンのロマン。

何回目かのPPP。
プリプリで呼びかけに、集まった14人くらいのメンバーの中にいたっちはいたね。
いたっちが最初に伝えてきたHNが呼びにくいからと、まさかのHNのダメだし(ごめんね) 
で、考えてくれたHNが「いた」だったんだよね。
「『いたさん』と、呼ばれたら『ヘイっ』と答える」って言っていたけど
「いたさん」って呼ぶ人は・・いないよね・・(笑)

思い出したよ。そういえば、あの時も時間に少し遅れてきたんだった。
そして今日も新宿駅で待たされた。
まったく・・いたっちには待たされてばかりだよ。
ま、いいよいいよ、今日は待つよ。
どんなに遅くなっても、
どんなに遅くなっても、
必ず待っているからね。


続きを読む

【BYレイ】OPPで撃沈・ 涙の名古屋ウィメンズ

名古屋ウィメンズから一夜明けた日

録画していたテレビ中継を見ながら、荷物の整理をしていたら、涙が出てきた。

ランパンから出てきた、ラップ表。

ギリギリ騎士のコモチャンが作ってくれもの。

悔しくて、悔しくて、気持ちの整理がつかない。

片付けも中途半端のまま私はランニングウェアに着替え、外に飛び出して行った。

おいおい泣きながら6キロのラン。

ドップリ落ち込んだ。

落ち込むのは、ジャンプするためだから。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

続きを読む

【BYコモ】二人の名古屋ウィメンズ再び

昨年のフルマラソン初挑戦に続き【名古屋ウィメンズマラソン】を走った。

日本で唯一のオンナだらけの大会。

Lと関係なくたって、ジョシだけの方がワクワクもするし(えへへ)
マナーもとってもいいので、安心なのだ。(とってもオススメよ♪)

レイとはブロックが違ったので、別々にスタートラインを踏んだけど
私達の目標は同じだった。

『一生懸命走る』

『ちょっとでもPB』

一年前に初フル完走してから、今シーズンの秋冬2回のレースで
それぞれ、自己ベストを更新していた。

今シーズン最後のフルマラソン。

悔いのないように一生懸命走ろうね、と何度も話していた。

目標の○分切りをそれぞれ達成して、来月には新たな挑戦に向う心積もりだった。

***********************************

結果は、予期せぬトラブルがこれまた二人それぞれに起こり、目標には届かなかった。

当日は、悔しいキモチ、残念なキモチ、でも、しかたないというキモチ。

それから、L友総勢8名による大応援団の声援を一身に受け、大レースを走る高揚感や

トラブルの中でも、諦めずに完走したという達成感でまだ興奮が冷めなかったり、

祭りが終わってしまってさみしいキモチや、さまざまな思いが混じっていた。

************************************

一夜明けて、レイから「涙が出るほど悔しい」とメールが届いた。

そうだよね、レイの方が私よりずっと悔しいと思う。


「キモチの整理がつかないから走ってくる」

「悔しくて泣きながら6キロ走った」

そんな言葉を聞いて

何ともいえないキモチになって

泣けてきた。

自分のことよりも、悔しくなってきた。

レイのリベンジ・・・

いや、一緒にリベンジしようじゃないか。

今シーズンで終わるわけじゃない。

間もなく秋レースのエントリーも始まる。

マラソン二年生の私達の天井は、こんなもんじゃない。

まだまだ伸びしろがある、と私は信じている。

*************************************

フル三本、無事に走りきれたことに感謝。

レース前にピリピリしてる時も

レース後にふわふわしてた時も

いつもそばにいてくれた貴女にも

いっぱいのありがとう。

少し休んだら「ウルトラのコドモ」に変身する準備しよう。
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
 ↓ ↓ ↓


【応援してくれた皆様へ】
私はランニングクラブにも入ってないし、ランブログでの繋がりもないので
沿道であんなに大きな声援をもらって走ったレースは初めてでした。

幟やプレートを持って仲間を待ってる沿道の人達をいつも横目で見ていたけど
今回は『コモレイ』と名前の書いてあるプレートやシート?を何度も見ることが出来て
その度に力をもらいました。
ゴール手前では、予定より少し遅くなった分、レイも含めて全員の声援ももらえたし。
15000人の中でもあんなに応援されたのは、コモレイが一番なんじゃないかと思います。

オンラインでヒヤヒヤしながら追っかけてくれてたであろう、部長と監督。
今回はやっちゃいましたが、切り替えて次行きますので安心してくださいね。

皆様本当にありがとうございました。
 ↓ ↓ ↓

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ)②

【BYレイ】いたっちは完走出来たのか(東京マラソン応援レポ) の続き


大会前日

コモ『あー、なんだがドキドキしてきた』

普段はドキドキなんてワードを使う事はないのに…

緊張感は、走る本人以上だったのかも知れない。

いたっちが走ると決めてから、コモチャンは精力的に、継続してサポートしてきた。

完走のためのプログラムは、そんじょそこらのコーチに引けをとらない。

私は、『サポートするコモチャンをサポートするから』
とだけ伝えていた。

サポートといっても特別なことはしない。
1番のサポートは、邪魔しないことだと思っているから。

続きを読む

【BYレイ】タニマリハーフ~ゴール~

【BYレイ】タニマリハーフ~プロローグ~ 
【BYレイ】タニマリハーフ~スタート~ 
【BYレイ】タニマリハーフ~青空とV字とコマネチ~
【BYレイ】タニマリハーフゴールまであと4 キロという所で~の続き

***********************************

コモチャンが、イーブンのキロ7ペースって言ってたから油断してたら、思ったより早くキター。

のんびり土手に座っておしゃべりしてたから慌てちゃった。

目の前を三人が通過する。

ヘロヘロしてるかと思いきや、期待を裏切りめちゃくちゃ元気だ。

ブログ的には、

いたっちが、バテバテでの死にそうな顔だったり、

のんちゃんが、感動で大泣きだったりする方が

絵的に面白いのだが、(笑)

そんな感動的な場面は何もなく、

『イェーイ』

『楽しいぃぃーーー』

『まだまだ余裕ありまーす!』

と、ゴール前でも元気いっぱいだ。

あれ?

ハーフマラソンって、こんなに楽ちんで、楽しいものだっけ?

聞くと、21キロずーっとおしゃべりしてたとか。

走りながらおしゃべりするって、簡単な事じゃないんだよ。

コモマジックにかかれば、21キロもファミレス空間となる。

全身で喜びを表している3人のゴールの写真は、幸せに溢れていて
『ランナーズ』(1番売れてるランニング雑誌)の表紙に推薦したいほど。

こうして、それぞれの21キロが終わった。

〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎〓︎

続きを読む

【BYレイ】タニマリハーフゴールまであと4 キロという所で~

【BYレイ】タニマリハーフ~プロローグ~ 
【BYレイ】タニマリハーフ~スタート~ 
【BYレイ】タニマリハーフ~青空とV字とコマネチ~ の続き

***********************************

ゴールまであと4キロという所で、
それは突然やってきた。

猛烈にトイレに行きたくなる。

走るという行為は身体の臓器も全部走って(動いて)いるということ。

加えて、脈拍も平常時の3倍くらいだから、普通じゃないんだよね。

思いがけない変化が訪れる事がしばしばある。

まあ、ノーガキは置いといて、とにかく予断を許さない状況だったんだ。

目標を『2時間切り』から『漏らさない』に変更する。

下方修正ではない。

なぜなら、『漏らさない』事が『2時間切り』につながるから。

でも、あえて、どちらが大事かと聞かれたら…

『漏らすが2時間切り』

『漏らさず2時間超』

うーん、迷うところだ(−_−;)

いや、違う違う。

漏らして2時間切り』は、 競技者として失格にならなくても、人間として失格になる。

危ない危ない。

思考がおかしいぞ。

もう、なんの勝負してるかわからなくなってきた。

ここから先はひたすらゴールの先にあるトイレを目指して、走る走る。

そして、1時間56分台でゴール。

でも、ホントのゴールはこの先にあるトイレだ。


続きを読む

【BYレイ】タニマリハーフ~青空とV字とコマネチ~

【BYレイ】タニマリハーフ~プロローグ~ 
【BYレイ】タニマリハーフ~スタート~ の続き

***********************************


すぐに見つけた。

真っ青な空の下、お揃いの青色Tシャツ、
ウキウキと楽しげな感じの三人だ。

1週間ほど前、『私だけ一人のRUNは淋しいなぁ』って言ったら、

『レイセンセが淋しくないように、すれ違う時は一発芸を考えますから・・』

と言ってくれたいたっち。

そうそう、思い出したよ。

確かスタート直前も、私がトイレに行っている間に、
一発芸の打ち合わせをするとか言ってたよね。

どんな芸をしてくれるんだろう?
ブルブル・・・怖さが楽しみを上回る・・・


そして・・・ついにその時はきた。

すれ違いの瞬間・・

私が目にしたものは、

続きを読む

【BYレイ】タニマリハーフ~スタート~

【BYレイ】タニマリハーフ~プロローグ~  の続き


この大会は公認ではないが、今年15回目を迎える歴史があり、新春に走る大会として人気がある。

参加者は一万人規模、多くの出店が並び、お祭りムードがいっぱい。
会場の雰囲気はとっても明るい。

しかし、なんといっても、一番の注目は、
昨年の優勝者、最強の市民ランナー川内くん(今年は川内三兄弟揃って参加)
一昨年の優勝者、徳本さんの対決、

他にも、東大卒で箱根駅伝にも出ている市民ランナー松本さん、
猫まっしぐらの猫ひろしさんなどの招待選手も多く、お祭り感を盛り上げる。

スタートは会場を起点とし、荒川の上流を走るAコースと、下流を走るBコースに別れ、
更に各コース3回のウェブスタートのため、計6ブロックとなる。
どのブロックになるかは主催側が決定し、参加者の希望は受け入れられない。

招待選考が走るAコースは川内君や、猫さんとすれ違いが楽しめるラッキーコース。

一方のBコースは、有名人は誰もいない代わりに、一部工事中で、
段差のある鉄板が往復4キロもあるデンジャラスコース。

おしなべて、タイムの良い人はAコースになる確率が高いようだが、
Bコースにも速い人がいるから分け方の基準はよくわからない。

で、もちろん私たち全員が残念なBコースとなる(; ̄ェ ̄)

続きを読む

【BYレイ】タニマリハーフ~プロローグ~

春夏は山登り、秋冬はマラソンと、

ビアンブログのカテゴリーに属しながら、Lな記事が少なくなってきているプリプリ。


カテゴリー違うんじゃないかと、自問したけど、

コモちゃんと恋愛の中の活動なので、違ってはいないと思っています。^_^

さて、そんな中で、今日はビアンブログのカテゴリーにふさわしいL活動の記事。

Lな仲間たちとハーフマラソンに出ちゃいました。(やっぱりマラソンの記事らしい ww)

先週行われた、谷川真理さんが冠の

『タニマリハーフマラソン』だ。

続きを読む

【BYレイ】つくばマラソンレースレポ(ラスト)

【BYレイ】つくばマラソンレポ( スタート~10キロ) 
【BYレイ】つくばマラソンレポ( 10キロ~ハーフ)
【BYレイ】つくばマラソンレポ( ハーフ~35キロ)
【BYレイ】つくばマラソンレポ( 35キロ~ゴール) 
【BYレイ】つくばマラソンレースレポ(コモチャンのゴール) の続き

************************************

ゴールしたコモチャンに駆け寄る。

恥ずかしいような、
悔しいような、

なんとも言えない顔をしていた。

息は上がっていたけど、脚は大丈夫そうで、

何よりそれが良かった。

コモチャンは古傷抱えてるから心配なんだ。


「お疲れ様」

「あー、悔しい。5時間切れなかったよー」

悔しい思いが先に来たということは、「もっと出来たはず」ということ。

それがなんだか嬉しい。

話したい事がいっぱいありすぎて、何から話していいかわからない。

記録証をもらいに行くと、コモチャンのタイムは、

5時間0分2○秒

アハハ(^。^;)

なんと、20数秒のオーバー
ちょっとずっこけるところがご愛嬌。

聞くと35キロ前後のタイムロスは、トイレと、食べ過ぎによる胃痛だとか。

そういえば、スタート前、すっごい食べていた。

おにぎり2個、カステラ5切れ、大福、みたらしだんご…

走っている時は胃腸に常駐の「消化チーム」のメンバーがいなくなる。

一人残らず、脚を動かすチームを応援に行っていて不在になるのだ。

コモチャンのお腹の中の食べ物たちは「消化してもらえなーい」と、
ストライキを起こし、痛みでコモチャンに知らせたんだと思う。

ランジウォークしたり、走ったりしながら、なんとかお腹を落ち着かせると、

あとは執念の走りだ。

この時、コモチャンを動かしたものがある。

続きを読む

【BYレイ】つくばマラソンレースレポ(コモチャンのゴール)

【BYレイ】つくばマラソンレポ( スタート~10キロ) 
【BYレイ】つくばマラソンレポ( 10キロ~ハーフ)
【BYレイ】つくばマラソンレポ( ハーフ~35キロ)
【BYレイ】つくばマラソンレポ( 35キロ~ゴール) の続き

************************************

ゴールゲートをくぐった後は、息つく間もなく、コモチャンを探しに戻る。

迷子の子供を探す母のように、

じっとなんかしていられない。

いや、待て。

落ち着け。

まずはランナーズアッブデートで確認だ。

携帯をガチャガチャし、更新情報を確認する。

次の40キロ通過までは30分以上もあるのに、

更新されているはずはないのに、

何度もアクセスしてしまう。

更新されるはずのない画面を

何度も何度も見てしまう。

まだだ。

まだだ。

コモチャンの5キロのラップタイムは34分→37→38分と下降している。

次のラップは、40分を指してしまうのか…

続きを読む

【BYレイ】つくばマラソンレポ( 35キロ~ゴール)

【BYレイ】つくばマラソンレポ( スタート~10キロ) 
【BYレイ】つくばマラソンレポ( 10キロ~ハーフ)
【BYレイ】つくばマラソンレポ( ハーフ~35キロ) の続き

************************************

35キロを通過し、再びランナーズアップデートを見る。

コモチャンの25キロ~30キロのラップが表示されているはずだ。

頼む…

34という数字を見せてくれ。

祈る気持ちで見る。

え?

うそ…

何度も見返しても、

5キロラップは37分を表示していた。

え?

なにこれ?

ずっと5キロ34分を刻んできたのに…

いきなりのペースダウン。

何があったのか…

走りながら呆然となっていた。

トイレだ。

うん、きっとそうだ。

そうに違いない。

3分のタイムロスは前半の貯金でまかなえる。

と、思いながら、かなり動揺してしまった。

続きを読む

【BYレイ】つくばマラソンレポ( ハーフ~35キロ)

【BYレイ】つくばマラソンレポ( スタート~10キロ) 
【BYレイ】つくばマラソンレポ( 10キロ~ハーフ) の続き

************************************

ハーフを過ぎる。

21キロ 6:06
22キロ 6:05
23キロ 6:02
24キロ 6:05
25キロ 6:11
26キロ 6:07
27キロ 5:58
28キロ 6:07
29キロ 6:11
30キロ 6:37

30キロの通過タイムは3時間6分台だったように思う。

この辺りは、さすがに5分台での走行が難しくなるがこの程度の落ち幅なら問題ない。

あと12キロをキロ6分で行けば4時間20分を切れる。
しかし、その速度では走れないだろう。

6分30秒なら…確実にアウトだ。

疲労している頭では細かい計算は出来ない。
多分、6分15秒位でギリギリ達成か…

いや、6分30秒でも4時間30分切りは出来るから十分だ。

そんな事をぼんやりと考えていた。

正面には初めて見る筑波山が「どーもー」と言っている。

30キロ地点では、歩道に寄ってつくば名物の銀杏並木を写真に納める。

走りながら、携帯のランナーズアップデートでコモチャンの5キロ毎のラップをチェック。


キロ7分弱で走ると5キロラップが約34分。

よしっ!いいぞ!

25キロまで綺麗に34分が並んでいる。

二人で目標達成だ!

と、楽観していたわけではい。

続きを読む

【BYレイ】つくばマラソンレポ( 10キロ~ハーフ)

【BYレイ】つくばマラソンレポ( スタート~10キロ) の続き  


10キロ通過のタイムは…
見てなかった(笑)

もともと、あまり時計は見ない。

気持ち良く感じる体感優先主義だ。

それよりも、私が一番楽しく走れるのは10キロ過ぎ。
後半はどうしても身体が重くなるからここは楽しんでおきたいところ。

気持ちのギアを「高」にチェンジする。

あ、前を走っているのは、「JA信州」のマントを着たおじさんだ。

「長野大好きです、また行きま~す」

追い越しざまに声をかける。

「ぜひいらして下さ~い。ご案内しますよー」

手をあげて応える。

11キロ 5:57
12キロ 5:48
13キロ 5:51
14キロ 5:53

この辺りからサブ3ランナーとすれ違いを楽しめるようになる。

高速ランナーの力強いフォームは美しいなー。

頑強なオトコ達の中で、ひときわ輝く女子ランナー。
白髪のじいちゃんランナーもかっこいいぞ。

「頑張ってくださーい」

大きな声で応援すると、こちらのテンションも上がってくる。

続きを読む

【BYレイ】つくばマラソンレポ( スタート~10キロ)

走り初めても私はまだ、頑張りレベル(どれくらい頑張って走るか)を決められないでいた。

目標は、「疲労を残さずサブ4.5」だったから。

**********************************************

2013年11月24日 9時22分

スタート8分前

なかなか動かないトイレ待ちの行列から抜け出した。

コモチャンと握手し、互いの健闘を祈るとスタートブロックに走る。

私のGブロックは最終ブロックの一つ前。

その最後尾についたのはスタート3分前だった。

つくばマラソンはフラットなコースで、好タイムが出ると言われる大会だ。
その上、公認コースなので、記録を狙いにくる猛者が集まる。

公認コース

マラソン大会には速い人しか走れない大会がある。

例えば、

先日の日曜日、川内君が走った、

福岡国際マラソンは、2時間40分以内

横浜国際女子マラソン 3時間15分以内

大阪国際女子マラソン 3時間15以内

別府大分毎日マラソン 3時間30分以内

琵琶湖毎日マラソン 2時間30分以内

など…

(タイムは毎年変動しますから参考程度です)

これらの大会の参加資格のタイムは、公認レースで獲得した記録に限られるのだ。

つくばは、三週間前に出た湘南国際マラソンのようなお祭りの雰囲気はない。

沿道の応援も地味だし、

仮装ランナーも少ない。

今日の日のために、真面目にトレーニングを積んだ、シリアスランナーの間で、

やや、場違い感を全身で感じながらも、

私は静かに




走り終わった後に食べるものを考えていた。

続きを読む

【BYレイ】湘南とPとコモチャンと (後半)

【BYレイ】湘南とPとコモチャンと の続き


トイレを済ませるとすぐに走り出す。

トイレでロスした時間を取り戻そう、

とは、思わない。

頑張る事と無茶をする事は違う。

マラソンは趣味でやっている事であり、救急車の世話になったり、
翌日からの仕事に影響が出たりする事は避けるべきだと思っている。

体感70%位のペースを守る。

「一番苦しい35キロ位のところで待ってるから」

朝のメールでそう約束してくれたね。

コモチャンは今どこ?

こっちに向かって来てくれてるはず。

きっと私の体調を気にしてくれているよね。

27キロ地点で電話をかけてみる。

レイ「もしもーし、今ねー、27キロくらいだよー」

大声を出した。

コモ「うん、ランナーズアップデート見たからわかってるよー、
   今電車の中、もうじき大磯に着くからねー」


コモチャンの生声に力をもらった。

よーし!

がんば…

りすぎないぞ(笑)

コモチャンの待つ35キロ地点まで力を溜めといて、コモチャンの目の前で颯爽と走ってやる。

*************************************

続きを読む

【BYレイ】湘南とPとコモチャンと

「湘南の風になって走ってきて下さ~い。ズームイン」

CIMG0650[1]_convert_20131113000847

開会式で徳光さんがマイクを持ち、声を張り上げている。
間寛平さんや、ワイナイナ、千葉ちゃんもステージからエールを送る。

お仲間で来ている人達は、大きな歓声を上げながら、スタート時間を待っていた。
一人ぼっちの私は、誰とも話すこともなく、不安で泣きそうになっていた。

****************************************************************************
湘南国際マラソンは、今年で8回目を迎える超人気のフルマラソンだ。

西湘バイパスを通行止めにし、大磯プリンスから江の島に向けて海岸沿いを走る。
コースはフラットで走りやすく、応援が途切れることがない。

で、なんてったって湘南だ。
江の島だ、
サーフィンだ、
富士山だ、
サザンだ、
加山雄三?だ。

エントリーは先着順なのだが、あまりの集中アクセスのせいで
サーバーが障害を起こし、この人がお詫びしたことでも有名な大会。
第8回湘南国際マラソンのエントリーについて

出場希望者は、エントリー開始の20分ほど前からPCの前に座り(もちろんトイレは済ませておく)
深夜までずっーーーと、クリックし続けるのだ。

幸運にも、二次募集でエントリー合戦に勝利した私は、
海岸沿いの道を江の島に向かって突っ走る自分の姿をイメージしていた。

ところが、

異変はレース4日前に起きた。
喉の痛み、鼻づまり、身体のだるさ、下痢・・完璧な風邪の症状だ。

夏にさぼったトレーニングを取り戻そうと、オーバートレーニングをしてしまい、
免疫力が下がってしまつたのだろう。

すぐに病院に行き、注射と点滴を打ってもらうが・・
完全に治るまでには時間がかかる。

レース前日・・

身体に生気が戻ってこない。
午前中は毛布をかぶってぐたぐたとソファーに寝ていた。

支度は何もしていない。

はたして明日・・こんな状態でレースに出られるのか・・
DNS(出走しないこと)か、
DNF(出走するがフィニッシュせずリタイヤすること)前提で出るか・・

迷いに迷った・・

いや・・私はどちらもしない。

絶対にゴールする。

いや、ゴール出来るような走り方をする。

そう決心すると、そろそろとソファーから起き出した。
ゼッケンやICチップをつけ、ボストンバックに詰め込む。

コモチャンが作ってくれたラップ表はランパンに入れた。

飲む点滴と言われるOS1を前日に2本

あとは、当日朝に1本、
レース中はこれにBCAAを入れたものをポーチに入れる。

ユンケルにグレープフルーツ、マカ入りブラックカレーを食べる。

CIMG0649[2]_convert_20131113000822

21時

枕元で手を合わせ、お辞儀をし、眠りについた。

****************************************************************************

続きを読む

【BYレイ】どしゃ降りのハーフマラソン 後編

***過去記事にコメントくださった匿名さんへ***
レスしても気付かれないかと思ったのでこちらで
お返事させていただきますね。
はじめまして。コモです。
ご丁寧に感想をありがとうございました。
「コモ」がどんなキャラなのか気になってます(笑)

過去記事までお読みくださってありがとうございます。
匿名さんの小説もよませていただきますね BYレイ

*****************************************

【BYレイ】どしゃ降りのハーフマラソン の続き


大雨と強風、コースの水たまり、ぬかるみ、渋滞をくぐり抜け、
ようやくゴールした私を待っていたラスボスは、

ドロドロのグラウンドだった。

ゴール後の会場の風景。

131020_121522_convert_20131107001450.jpg

あたり一面、田んぼのような会場に、しばらく呆然となる。

走り終わったランナーのゾンビの行進

131020_121637_convert_20131107001820.jpg

大雨の中、荷物預け場所まで歩く。

前を歩いていた人の足元

131020_122121_convert_20131107001843.jpg

一面が泥に埋まった荷物置き場の、数千個のビニール袋はまさに珍百景。

重いビニール袋を片手に持ち、泥に埋まりながら更衣室に向かう。

この時が、走ってる時よりもキツかった。

ようやくたどり着いたテントの中の更衣室に入ると、

あ…

ここでも…

テントの中まで雨が入り込み、ブルーシートが泥に埋もれている。

足首までドロが入ったシューズ

131020_123342_convert_20131107001915.jpg

アハ…ハ(汗)

マラソンは屋外で行うスポーツ。

晴れた日もありゃ、雨の日もある。

しゃーないしゃーない。

気を取り直していこー!

続きを読む

【BYレイ】どしゃ降りのハーフマラソン

3キロまでは絶好調だった。

人と人の間をすり抜けすり抜け、100人位は抜いたと思う。

ガーミンに目をやると、キロ5分ちょっとで走ってる。
ヤバい、このペースじゃ、後半持たないよ。

体力に余裕を持ちながら、あえて、周りのペースに合わせてみる。

行きたがる脚に「待て」を命じる。

アタシって、カッケ~?

5キロ通過。

雨が強くなってくる。

ありゃりゃ、隣のランナーが水溜まりを走るから、水がぴちゃっとかかっちゃうやーん。
このシューズはアシックス東京店で足形を計って買った勝負シューズなんだぞ。ブーブー。

7キロ通過。

雨に加え、風も強くなる。

あれ?

なんか、

気のせいかな。

あたし、

さっきから、

何人ものランナーに、

抜かれてる気がする。

顔を上げると、さっきドヤ顔で抜いたはずのランナーにあっさり抜かれている。

「待て」した脚に、「そろそろ行こうよ」と、誘ってみるが、

「後半のために今は脚を温存してるんだ」

と。

「温存って言うなら、アータ、もっと楽なはずだよねー、
 めちゃくちゃ頑張って走ってそれじゃないの?」

返事はない。

恐る恐るがーミンを見ると、
あちゃー(×_×)

ラップはキロ5分台後半だった。

終わった。

記録更新の夢は終わった。

こうして、二年目最初のガチレースは7キロ時点で終わりを告げた。

********************************

続きを読む

     
コモレイのつぶやき
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。