スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【BYレイ】惹かれていった理由…『満月の夜に』

車の助手席のドアを開けてくれるとか、

テーブルの椅子を引いてくれるとか、

コモちゃんはそんなことはしない。

レイが望んでいないのを知っているから。

ましてやお姫様の前でひざまずき、手をとるなんて・・
王子様ならやるんだろうが、騎士はそんなけったいなことはしない
(てか、引くわっ)

コモの騎士っぷりは人が見てないところで発揮される。

助手席にバツクを置いたまま、コモを残し用を足しに行く。

車に戻りドアを開けた瞬間、助手席のバックを自分のヒザに乗せ、
レイが座ると同時にバックを膝の上にのせてくれる。

レイがガムやチョコレートを食べたのを見ていて、
レイの手の平にある包み紙をそっと取り出し、黙って自分のポケットに入れる・・

さりげない心遣いに、

ハッとして、グッとくる。

レイの胸の中には、黄金に輝いたコインがジャンジャカ出てくる。

続きを読む

スポンサーサイト

【BYレイ】惹かれていった理由 <プレゼント編>

惹かれていった理由 <プレゼント編>

「自分のモノくらい自分で買えるよ」

プレゼントをするのが好きな「あげ隊」のコモちゃんだが、
レイは「もらい隊」ではない。

プレゼントをもらうと嬉しいけれど・・・
コモチャンには無理をしたり見栄をはったりしてほしくないんだよ。

お誕生日の前の某日・・Lなお出かけの予定があった。

コモ「新しいモノがあったほうがテンションあがるでしょ」

記念日にこだわらないレイの思考を熟知していて春らしいバックを一足先に渡してくれた。

が、数日後のお部屋デートで、ジュエリーやチャームやケーキまで次々と渡される。

「こんな高価なものを・・・・」とレイが言う前に、

コモ「ごめんなさい、ごめんなさい・・・だって・・だって・・・
   全部あげたくなっちゃって・・・
   どれか一つなんて・・決められなかったんだもん」
  と言う。

レイ「レイは・・・何もあげてないし・・・」

コモ「もらってるよぉ・・・いつもいつも・・・
   ほら、野菜が高い時期に何度か『無人販売所』で大根やネギを買ってくれたじゃない?」


・ ・・・この人はそれを大真面目に言う。

レイが買ってくれる野菜には何倍もの付加価値があると感じてくれる感性・・・
その感性こそが何にも代えがたい貴女の魅力。

************************************

続きを読む

【BYレイ】惹かれていった理由・9≪手柄をたてない騎士≫

「コモスケさんはいつもレイさんを見てるんですよね~」

PPPの時に参加者さんから必ず言われる言葉。

見てくれているから、

私が酔っ払って次々に身体から離れていくカチューシャやピアス達の行方を覚えていてくれるんだ。

「コモちゃ~ん、レイのピアスがなくなったぁ」

酔いが醒めるとたいていモノがなくなったと騒ぐ私に、

○○は財布の中だよ、
△△はバックの内ポケット

と、何事もないように教えてくれる。


「全くレイはしょうがないなぁ」

とか、

「コモがいないとダメなんだから~」

とか、


呆れもせず、

ネタにもせず、

子供に向けるような顔は一つも見せず、

たまたま見ていたから~とでも言うように、ごくごく普通に話す。

そしてそれは、二人の時でも変わらない。

続きを読む

【BYレイ】惹かれていった理由8.5<すべてYES> (未完成)

またもPPP前に意見が合わなかったのはレイの「洋服」のことだった。

コモチャンは身体の線がはっきりわかる細身のワンピースがいいという。

その「清楚で可愛いタイプ」のワンピースを初めて着ていったとき、
仕事中なのにわざわざ遠くの席から一目散に駆け寄ってきて囁かれた。

コモ「絶対、コレがいいよ~ほらぁ~ウエストのラインがはっきりわかるし、
 胸も大きく見えるでしょう~。うん、絶対これこれ」

一方のレイはピンとこない。
レイが選んだのは、身体の線が強調されないカジュアルなアジアンテイストの服。
ルーズに着こなすタイプで仕事には不向きなタイプだ。

どちらが正しいということはない。お互いの好みが違うだけ。

お互いに譲らない。
どうでもいいことではあるけれど、
ジョシにとって「何を着ていくか」はとっても重要なことなんだ。

(実は二週間対立?していた)(笑)


続きを読む

【BYレイ】惹かれていった理由・8≪WIN‐WIN≫

企業セミナーなどで数年前から盛んに使われるようになったWIN‐WINの法則。

WIN‐WINとは自分も勝つ、相手も勝つ、双方がともに勝つという考え方。

カスタマーが満足する(お客様が勝つ)ことが、企業の発展(企業も勝つ)に繋がるという精神だ。

言い換えれば、顧客満足なくして企業の繁栄はないということだろう。

(実際には企業と顧客だけに留まらず、提携先や従業員まで含めて、
 携わる人がみなWIN‐WIN‐WIN……であるのが理想であると思う)

数年前に参加したいくつかの研修でも必ずこのWIN‐WINの法則がカリキュラムに含まれていた。

WIN‐WINの他にも、

WIN‐LOSE(勝つ/負ける)
LOSE‐WIN(負ける/勝つ)
LOSE‐LOSE(負ける/負ける)

などがある。

*参考

■あるレストランでは美味しいお料理と心のこもったサービスでお客様をもてなしている。


【レストランは勝つ】

レストラン側は報酬を得て、お客様から感謝の言葉をもらえ、精神的満足をも得られた。

【お客様も勝つ】

お客様は期待以上の味とサービスに大満足する。

◎これがWIN‐WIN


■冷めた料理と無愛想な応対をし、料金をぼったくる。

【レストランが勝つ】

がっぽり儲かる

【お客様は負ける】

まずい料金と高い料金に不満。

×これはWIN‐LOSE


■お客様から理不尽なクレームをつけられ料金をタダにさせられる。

【レストランは負ける】

レストランは損をする

【お客様は勝つ】

お客様は得をする。

×これはLOSE‐WIN


■傷んだものを出したせいで、お客様は食中毒で入院してしまう。

【レストランは負ける】

レストランは営業停止になる。

【お客様も負ける】

お客様は苦痛を味わう。

×これはLOSE‐LOSE

****************************

続きを読む

【BYレイ】惹かれていった理由・7

コモチャンが記事で書いたように前回のお部屋では残念な結果に終わってしまった。

脳と身体と心の調和がとれていない。

「コモチャン、なんかチグハグなの」

…とその時訴えた。


別に気掛かりな事があったわけでも、

体調が優れないわけでも、

シュチエーションが悪かったわけでも、

コモチャンのスキルが落ちたわけでもない。

こんな時もある。

以前はこんな時、何が悪かったんだろうと躍起になって原因探しの旅に出たりしたものさ。

でも今はそんな事で悩んだりしない。

ソレは人間が考える範疇を超えた「神の領域」になるのか、

または、単に「くじ引き的」なのかはわからないけれど、

とにかく考えてどうにかなるというものじゃない。

こんな時もあるよ。

IDの女神、お疲れ気味かな?

それとも、あえてコモチャンへ試練を与えているのかな?

ほら、コモチャンってすぐに調子に乗るでしょう?(笑)

怠けずに精進しなさいというメッセージなのかも知れないね。

な~んて余裕で構えてみる。

決して強がっているわけではない。

でもね、残念なものは残念だ。

要は……色々書いたけど……残念だ(笑)


そしてレイ以上残念なのはきっとコモチャンの方だろうと思う。

あー。こんな事なら頭すっぽり隠れるスカートを履いてきてあげるんだった。

せめてコモチャンにWonderfulWorldを見せてあげたかった。

「自分が着たい服」ではなくて「恋人が着てほしい服」を考えるべきだったかな?

そろそろレイもコモチャンを優先して考えるようにしなくちゃ!

レイは初めて自分の行動を後悔した。

頭がすっぽり入る服をとリクエストされていたのにそれに応えていない。
その事を素直に詫びようと思った。

詫びの気持ちがあの記事を書かしたんだ。

続きを読む

【BYレイ】 惹かれていった理由6

普段はなるべく考えないようにしている「悩みの種」

でも予告もなく、いきなり直面しなければならない時がある。

誰にでもあるのかな?悩みや心配事や気掛かりな事って。

続きを読む

惹かれていった理由 5

2008-05-18


コモチャンは話を聴いてくれた。

心にある思いをストレートに吐き出す。

解決を求めている訳ではない。
ジャッジをしてほしい訳ではない。

裁いてほしい訳でもない。
慰めてほしい訳でもない。
励ましてほしい訳でもない。
褒めてほしい訳でもない。
叱ってほしい訳でもない。
共感してほしい訳でもない。
気の利いた一言を言ってほしい訳でもない。

ただ、じっくりと話を聴いてくれた。
正しいとか間違っているとか、そういう事は言わずに、ただただ私の話を聴いてくれた。

付き合って一年後、職場環境が変わった事で物凄く悩んだ事がある。
何十日間にも及んだ私の弱気な気持ち。
うんざりする位コモチャンに愚痴をぶつけた。
支離滅裂で起承転結もゴールもない戯言、解決のための努力もせず、
どこまでも後向きで「イヤダ、イヤダ」を呪文のように唱える日々。

職場では決して泣き言を言わない私がコモチャンの前だけは幼児のように泣きわめいた。

その時のコモチャンがしてくれた事、今でも忘れない。
私の話を聴いてくれた。心を開いて聴いてくれた。
話す事がなくなるまで聴いてくれた。


全部吐き出した後‥

‥ようやく自分がすべき事が見えてきた‥‥

私の心の平安を何よりも願い、全てを受け止めてくれたその事が惹かれていった理由です。

照れ臭くて一度も感謝の言葉を言った事はないけれど。




惹かれていった理由4 <嫌なことはしない>

2008-01-17


付き合い始めの頃からコモチャンはレイにどっぷり心酔しているように思えた。
コモチャンの瞳の先にはレイしか映ってないように感じた。

その頃のコモチャンの口癖は「レイの嫌な事はしない」だった。
レイがちょっとでも嫌と思う事、不快な事、不満な事、困る事、苦手な事を全てを排除した。

逢うたびに「レイの嫌な事はしないから」を呪文のように唱えていた。

煙草の匂いが嫌とか香水の香が好みじゃないとか、歩く時くっつくなとか、
数々の何様発言に怯む事なく全てをクリアしていった。

お部屋の出入りが苦手なレイにはガレージタイプで恐怖心を軽減し、
更に帽子を用意してくれる周到さ。
コモチャンのバックにはレイのための頭痛薬とグミとチョコレートとホッカイロ。

二人でいる時間はレイが楽しいと思える事、ご機嫌になれる事、
気持ちいいと思える事だけを行った。


最初は単に嫌われたくないから嫌われる事は絶対しない!という
気持ちの表れなのか?と思っていた。

でも違った。
相手の事が愛おしいから大切にしたい、愛おしい人が嫌がる事はしない、
そして愛する人を喜ばせたい、そんな純粋で当たり前な気持ちだったようだ。

(もしかしてレイを喜ばせる事を考える時間がコモチャンにとっても
幸せな時間なのかも知れない)


コモチャンと過ごす時間は楽しかった。
次に逢った時も楽しかった。その次も楽しかった。
次も次も次も次も楽しかった。宣言通り嫌な事は一つも起こらなかった。

コモチャンはその気持ちを三年間ずっ~と色あせる事なく持ち続けていてくれている。

人付き合いがあまり得意ではなく付き合う事に躊躇していた私が
コモチャンに次第に惹かれていき、今も愛して止まない理由はここにあります。


でもID場面ではレイの「イヤン」や「イヤッ」はスルーされまーす(#^.^#)





惹かれていった理由 3

2007-12-31

コモチャンはひたすらに真っ直ぐレイを愛した。
レイと逢った事でコモチャンの人生は変わってしまった。

あたしは責任をとれるんだろうか。これから何年か後も同じ気持ちで愛していけるんだろうか。
悲しいけど私には一人の人を愛し続けた経験がない。
三回目に同じ季節を迎える頃には一人になりたくなる。
コモチャンには悲しい思いをさせたくない。


「あたしね、多分…熱が冷めちゃうと思うの。だからあんまりレイに一生懸命にならないで」

「ふーん、それはレイが困ことなの?」

「困るって…?」

「だから、気持ちが冷めたて私と別れたらレイは困るわけ?」

「わたしが困るって言うか…コモチャンが悲しむでしょう?」

「私の事じゃないよ!レイが困るかって事だよ」

「あたしが困るか…か…?付き合う前に戻るだけだから困るって事じゃないけど…」

「レイは困らないんだよね」

「う……うん」

「じゃあよかった。レイが困らないんだったらいいじゃん」

「………」


コモチャンはいつもそう。レイが幸せか、レイが楽しいか、レイが喜んでいるかが重要。

レイがコモチャンと別れた方が幸せになるって判断したのなら
悲しみを殺して甘んじて受け入れようとするんだろうな。

この人を悲しませてはいけない。

コモチャンの想いに応えていきたいと感じていた。



【追記 BYコモ】

今年最後に何を書こうかと考えたんだけど…
レイが以前に書いてくれた記事をアップすることにしました。
帰省中のレイは今はそんなキモチではないかもしれないけど…
『今年の記事は今年のうちに』です!
タイミング逃してお蔵入りにしたくないんだもん。

この『惹かれていった…シリーズ』はレイblogの中でもかなりお気に入り。
初めて読ませてもらった時に『愛してる。って言われるより嬉しいかも?』と喜んだ。
(もちろんIDログもだーい好き!だよっ!)


もちろん手放しで喜んでばかりはいられない。
だって今年の冬はまさにレイの言う“三回目の季節”なんだから。
いや、付き合い始めたのは冬だから4回目か?
だからもう大丈夫?(相変わらずおめでたい)

何はともあれ今年もまた一年、元気で仲良く一緒にいられたこと感謝!

いつも応援してくれる皆さん。一年間ありがとう。
よいお年をお迎えくださいますように。





惹かれていった理由 2

2007-11-07


立春を過ぎたある日、最寄駅まで送ってくれたコモチャンに言われた。


最終的に私が望む事はあなたの「生」だから。

あなたが生きているということだから。

あなたと私が将来別れる事になっても、

あなたと私が地球のはじとはじで暮らす事になっても

「あなたが生きている」これだけで私は生きていけるよ。


コモチャンは自分の気持ちをオーバーに言ったりお世辞を言ったりしない人。

コモチャンからのこんな愛の告白をストレートに受け取った。

その時はうれしいというより驚きと戸惑いの方が強かった。

でも今でも強く心に残っているほど力強い言葉だった。

そして前向きとは言えないわたしがこの言葉をよく思い出して

「私は生きているだけで価値がある人間なんだ!」と自らを奮いたたしている事を

コモチャンは知らない。

あたしこそその言葉で生きていけるよ。

素敵な言葉をありがとう。




【愛するレイへ   BYコモ】
本当に知らなかったよ。そんなに思い出してくれてるなんて。
この話をした時の場面、少し記憶が違ってたみたいだけど
レイの戸惑った表情だけはよく覚えている。
重すぎてちょっと引かれちゃったかな?って思ったもん。
なのに、それが「惹かれていった理由」だなんて知らなくて本当に驚いた。
ありがとう。私を受け入れてくれて本当にありがとう。




惹かれていった理由 1

2007-10-13

【まえがき】BYコモ

『シリーズにするんだあ』とレイがブログ記事を送ってくれた。
私が「色々気になって書けないよ」と言っていたから
「そんな時はレイが頑張って書く!」と。
カッコいい!なんて頼もしいお姫様なんだ。ありがとうレイ。

内容を読んでまたまた驚いた。でも素直に嬉しい。
ずいぶん前のことなのに忘れんぼうのレイたんが
こんなにしっかりと覚えててくれたんだからよほど印象的だったんだろう。
私もちろん覚えてる。でもちょっと恥ずかしい。
レイが言うように何気なく口にした本音だったから。
コモチャンってばかっこよすぎだよ。(照れテレ)
すっかり浮かれちゃったよ。でも本当に嬉しかった。
だからレイ。また書いてね。

ではお待ちかねのレイブログです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


そんなに一生懸命あたしを愛さないで。

あたしはあなたのその想いに応えられないよ。

何よりもあたしには守らなければいけない子供がいる。

あえて愛に順番をつけるとしたらあなたは1番じゃない。


付き合って少したった時期にコモチャンの愛の重さに
戸惑ったあたしはあえてひどい事を言った。

「もしね、海で溺れて浮輪が一つしかないとするでしょう?
 そしたらあたしはコモチャンじゃなくて子供に浮輪を投げるよ」

コモチャンはすかさずこう言った。

「レイが自分の子供より恋人を優先するような人なら好きになってはいないよ、
 大丈夫、あたしなら泳げるから」

負け惜しみではなく格好つけではなく

本心でこんな風に言えるあなたにあたしは惹かれていった。






【BYレイ】 惹かれている理由

2007-11-16

blogの続きを書こうと思ったらなぜかコモチャン自慢になりました。



コモチャンはあたしが何を考えて、何を求めているのかをいつも考えてくれている。

そのために自分が何をすればよいのかを瞬時に判断する。

次にとる行動を素早く予測し、行く道の小石さえ取り除いている。

あたしの行動の中に自分がいない方がいいと判断した場合は一瞬で消えてみせる。

危険が及びそうな時はファイヤーウオールになる。

話しかけない方がいいと判断すれば何時間でも貝になる。

そんな自分の気遣いを相手に悟られないように忍者の如くさりげなくやってみせる。

コモチャンはいつもあたしを見ている。

一緒にいるときも、

いない時も。



コモチャンへ
鈍感なあたしがようやく最近それに気がつきました。(遅っ)




     
コモレイのつぶやき
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
コモ&レイにメール!

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
プロフィール

コモ☆レイ

Author:コモ☆レイ
♀♀既婚同士カップルのブログです。
コモ:ポジティブで(おめでたい?)騎士(ナイト)
レイ:コモの彼女!可愛いお姫様。

ブログランキング

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村              にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・既婚ビアン(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。